« 学園に行こう♪ | メイン | 運動会までもう少しっ!! »

2012年10月 1日 (月)

電車の世界 ~運転の世界~

10011

〈運転士指導担当の湊和人さん(中)、総務企画課の小浦孝平さん(右)flair

10月は5日が時刻表の日、14日は鉄道の日などがあり、「電車」にまつわるイベントが目白押しですsign01そこで今週は「電車の世界」をシリーズでお送りしますhappy01

電車の仕事も様々で、JR九州鹿児島支社 総務企画課の小浦孝平さんによりますと、「切符販売の駅係員、車掌、客室乗務員、運転士、司令員、車輌の検査員、電力設備の保守・管理、線路の切り替えの管理、踏み切りの保守・管理、線路の保線…など、たくさんの種類がある」そうですflairこのお仕事が「現場」のお仕事で、企画を考えたり他の仕事に携わる方はまだ他にもたくさんいらっしゃいますsign03

鹿児島・宮崎地区では全部で約1000人の方が働いていらっしゃるそうですshineshine

 

今日は「運転士」の方にお話を伺いましたnotehappy01

JR九州鹿児島乗務センター運転士指導担当の湊和人さんにお話を伺うと、鹿児島には約130人の運転士の方がいらっしゃって、1ヶ月の間に同じ時間、同じ場所を通る電車に乗ることは無いそうですflair

 

その勤務は「夜勤」がほとんどなんだそうですが、朝10時に運転し始めたとして、その日の終電まで運転し、その先の宿泊所に泊まって仮眠、翌日の始発から運転し、7時ごろまで勤務する、という形になりますsign01

私たちは「終電に間に合うように」と出掛けたりもしますが、終電まで運転した人は帰りようがないですから、大変なんですねbearing

 

運転は、車の運転とほとんど変わらないそうですが、その醍醐味は「停止位置にピタッと止まること」なんだそうで、「1台1台、車輌ごとにブレーキの効き具合や走り具合が違うので、ピタッときたときが嬉しいnote」と話してくださいましたhappy01

 

湊さんは元々車輌を作る仕事に携わっており、「いつか自分が作った車輌に乗ってみたい」という思いを持っていましたconfidentまた、当時走っていたブルートレインを運転したくて運転士になったそうですflair夢だったブルートレインの運転もし、今は指導をメインにしてらっしゃいますsubway

 

運転士ならではのエピソードもたくさんありましたsign03また楽しい電車のお話を聞かせてくださいshinewink

10012

<安心安全な運行されています☆>

安心安全な運行をされているみなさんですが、鹿児島ならではの大変なことがあるそうですdashそれは…灰danger降灰によっておばけ列車というものが出たそうですsign01線路は1本に繋がっているのではなく数メートルごとにわかれていて、そこに電気を流し列車の車輪が乗ることによって列車の居場所を検知しているそうですupしかし、大量の降灰によって線路に灰が積もり絶縁され、どこに列車がいるのかわからなくなってしまったそうですsweat01そのような時は、灰の撤去作業が行われ運転見合わせになることがあるそうですsign01鹿児島ならではの苦労がありながら、安心安全に私達を乗せて運転してくださっているのですねsunまた、湊さんに運転士さんが行う出発の際の掛け声を実際にしていただきましたshine最後の『定時発車』という言葉に旅に出たような気分になりましたnote

田辺令吉のおはよう!発車オーライ
月~金曜 6:30~9:40

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31