« 地元を盛り上げる溝辺町物産館よこで~ろ♪ | メイン | シンボルカラーは黄色☆ »

2012年8月20日 (月)

6年目!岩元農園★

1208201

<園主の岩元一郎さんと、ぶどう棚の下でnote

今が旬!霧島丸かじりウィーク!2週目は、霧島市国分重久の春山地区の観光農園を中心にご紹介しますup今日は、岩元農園にお邪魔しましたflairとっても涼しく、今朝の最低気温は21℃だったそうですよhappy02また、霧島連山を一望でき、眺めは最高sign01

岩本さんは、6年前に脱サラをして農園を始めたそうですflair生涯現役でいられる仕事をしたかったそうですよupまた、果物全般が好きだったのも影響したそうですsmile安心安全にこだわっていらっしゃいます!岩元農園のぶどうは、全て種無しshine種無しのぶどう、よく口にしていますがものすごい苦労があるんですsign03sign03花が満開になるのを待って、ジベレリン処理というものを1房ずつしていきます。満開になる時期も違うので、満開の花を探しながら農園の中を2週間ほど探してまわるそうですsweat01

そんな岩元さんの愛情をたっぷり受けたピオーネを収穫させていただきましたlovelyずっしり、重さはおよそ900グラムflair粒が大きく、見た目がとてもきれいで、甘くて美味しかったですdelicious

岩元さんオススメの霧島スポットは、霧島連山fuji今の時期は涼を求めて足を運ぶのも特に韓国岳付近がお好きで四季折々の風景を楽しみに、登っていらっしゃるそうですhappy01登山の後は、温泉で体を癒すそうです・・・素敵ですねheart02

また、こちらの岩元農園ではゴーヤやオクラなど野菜のサービスもしていらっしゃいます★一郎さんはお花や野菜を育てるのもお好きだそうですclover

telephone霧島市観光果樹部会連絡協議会事務局:0995-64-0910

1208202

<奥様の龍子さんと♪>

ずっと主婦をされていらっしゃった龍子さんsun6年前に一郎さんが農園をする!と言われた時は、本当に驚かれたそうですsign01そして実際に始めてみて、最初は葡萄がこんなに手の掛かるものだと知らず、慣れない作業の厳しさを感じたそうですsweat01葡萄は一房が逆三角形の形をしていますが、最初からこの形になるわけではなく、撤粒という作業をしてこの形にされているということで、この作業が一番大変ということでしたsign01葡萄に限らず、どんな果物・野菜もいろいろな大変さがあると感じているということですが、遠方からいらっしゃるお客さんの美味しいという言葉などが元気の源になっているそうですheart04

田辺令吉のおはよう!発車オーライ
月~金曜 6:30~9:40

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31