« タネオ建具店 | メイン | みなさんに喜んでいただきたい!新村畜産 »

2012年6月13日 (水)

日本一のオーダーメイド紳士服店

1206131

〈「テーラー コヤ」の小屋一美さんhappy01camera

毎月第3日曜は家庭の日、今度の日曜は父の日、ということで、今週は「親子2代で仕事を頑張る職人さんシリーズ」をお送りしていますhappy01

 

今日は、いちき串木野市御倉町にありますオーダーメイド紳士服のお店「テーラーコヤ」さんにお邪魔しましたflair

全日本注文紳士服技術コンクールで2度全国1位をとっている「日本一」の注文紳士服店で、創業57年を迎えますshinecatface

1206134  

〈一般のお客さんは立ち入らないアトリエですshine

2代目の小屋一美さんは、服に対する情熱もさることながら、お客さんと会って話してそのお客さんのことを凄く考えてくださいますconfident今はイージーオーダーのお店も増えてきているそうですが、フルオーダー専門の小屋さんのお客さんの中には、フルオーダーの服を着てそれで気に入ってずっと注文をしている横浜の方などもいらっしゃるそうですnote

1206135  

〈注文してくださる方の型が上にびっしりsign01500人分くらいはあるそうですflair

「先代の父・宇一さんから教わった事が一番の財産crown」という一美さんshine宇一さんは去年亡くなられましたが、今でも大切にしていたメガネを作業台に置いたり、たくさんの書き込みがある宇一さんのノート、生前なかなか使わせてもらえなかったハサミなども大切に置いてありますhairsalon

1206133

1206132  

亡くなる直前まで仕事の話をしていたという宇一さん、「あっちの世界でも服屋をする」という話もしていたそうです。

地元のお客さんや道行く人と「うちの夫のもここで作ってもらったshine」という話をすることも多いそうですが、そういう話をして「継ぐって言うのはこういうことなんだな」と感じるんだそうですcatface

1206136  

33年間、職人であり、親子という立場だからこそ様々なことを教えてもらい、たくさんの「財産」を受け取ったという一美さんflairこれからも服への思い、お客さんへの思いの熱い素敵なお店として続いていきそうですshinehappy01

1206138

<お茶目な小屋さんと採寸ごっこ?!☆>

職人さんとしてもう40年ほどになるそうですが、新たな発見や出会いがあり、毎日が勉強だそうですsunお父様の言われていた『一生現役』という言葉が印象的で、一美さんもそれを目標に、日々勉強で過ごされているそうですshine一美さんが始められた頃よりも今は布の種類も増え、大変なこともあったそうですが、制作しながらお客さんの喜ぶ顔を思い浮かべたり、実際に渡したときに喜んでもらえると本当に嬉しく、力になるそうですよsign01お話もおもしろい一美さん、笑顔も素敵でしたnote

田辺令吉のおはよう!発車オーライ
月~金曜 6:30~9:40

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31