« 礼儀作法 | メイン | 全国学力テストの結果から »

2016年11月 5日 (土)

いよいよ中学入試

年明けから入試と思っていたら、12月から始まるところもあるようですpencil

Jpg_28998_1477895196_01

昔は12歳の子を受験させるのがかわいそうだと思っていたみちこ先生も、今は必要だと感じているんだそう。

子どもが自分の人生を考えて、目標に向かって死に物狂いで一つの事に打ち込む大切さを学んで欲しいと思っていますsign03

番組では、みちこ先生が読んだ、伊集院静の小説「琥珀の夢」のお話をしました。

この小説は、サントリーの創業者 鳥井信治郎氏の生涯を描いています。

チャレンジ精神に溢れ、類いまれな発想と想像力を持つ、この商人の歩んできた道は決して平坦ではありませんでした。

丁稚と言って、よそのお宅に住まわせていただいて、実世間の経験を積むというものですが、鳥井氏は、幼い頃から丁稚に出ていたそうです。

昔は、他所のお店の仕事だけではなく、読み書き、そろばんから礼儀作法に至るまで、この丁稚で教えていたそう。

だいたい10歳前後で、今の3,4年生くらい。私立中の準備をするのもそのくらいですねshine

今は経済的に豊かになって、子供に苦労させるということが難しくなってきたからこそ、受験は子どもたち自身が関わり、その結果を自分で受け止めなければならないという意味で、大事なんですねhappy01

中学受験の勉強をすることによって、基礎学力から応用までしっかり身につくので、大学受験は余裕ですよsign03

<昴インフォメーション>

11月13日の小学生の全九州学力テストです。今の力でどの公立高校に合格できるかがわかります。小1から小6に皆さん、中学校を受験しないお友達も、受験しないからこそ今の自分の力を試してみましょう。

今週の放送はこちらから!

niko161105.mp3をダウンロード