« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月18日 (日)

「鹿屋の青い空」Story7 2018年ルーキー 堀 航輝 選手

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_2(チームカーの前で笑顔を見せる 堀航輝選手)

 

大隅・鹿屋から「世界」・「東京五輪」を目指して戦う、自転車のプロチーム シエルブルー鹿屋の今をお伝えする「鹿屋の青い空」。

今回は、今年チームに加入する(=ルーキー)堀航輝選手(今春・鹿屋体大卒/香川県出身)にお話を聞きました。
堀選手は、大学3年生の時(2016年)のインカレ・1kmタイムトライアルで日本一に輝くなど、実績を残してのプロ入りとなりました。

 

Q.プロになる今の心境は?

いままでは「学生」としてチームの為にという思いが強かったのですが、プロになると、そのときとは違うプレッシャーとか…勝たなければいけないという思いがあって、不安もあるんですが、伸び伸びとしっかりと頑張っていきたいと思っています。

 

Q.ワクワク感よりも、緊張感なんですか?

やはりプロ選手としては勝って、応援して下さる方に恩返しをしていかなければならないので、学生時代とは本当に違うプレッシャーを感じています。

 

Q.鹿屋を選んだ理由は?

短距離選手は、大学卒業後の進路としてトラック競技のプロチームが無く、競輪学校に進むか引退かという選択肢がほとんどだったんですが、自分が東京五輪を目指そうと考え始めたときに、シエルブルー鹿屋というチームが鹿屋にできて「ここしかない!」と思ったのがきっかけです。
何よりも、ロード練習の環境が良いこと、科学的な測定や筋力トレーニングができる環境(=鹿屋体大)も揃っていることが魅力ですね。
 

Q.人数が少ない中での練習に不安はないですか?

僕が競技者として大切にしているのが、「自分でライバルや目標を作ること」で自分の甘い部分を見つめ直そうということなので、そこは忘れずに練習に取り組んで行きたいです。
いまの目標は短距離のナショナルチーム(日本代表)入りで、その為には、日本トップの競輪選手にも勝っていくことが必要になってくると考えて練習しています。

 

Q.プロ選手としてしたい活動は?

自転車競技自体が、まだまだメジャーではないので、大会のボランティア活動だったり、自転車教室だったり、イベントに参加したりして、自転車競技をサッカーや野球に負けないぐらいメジャー競技にできるように頑張っていきたいです。
サイクリングイベントのときなどには、ぜひ話しかけて下さい!
短距離選手ならではの「坂の攻略法」など、優しくdelicious教えられればと思っています。

 

Q.ルーキーイヤーの目標は?

ナショナルチーム入りはもちろんですが、静岡で行われる全日本選手権の1kmタイムトライアルで、自分が大学3年生の時に出した記録を更新して、優勝することです。
正直言うと不安しかないのですが、プロになったので、今まで以上に自分に厳しく、やるからには体のケア・食事トレーニングなどからしっかりやって、結果を出して、チームや応援して下さる皆さんにいい報告がしたいと思っています。

 

Q.今後の目標は?

2020年の東京五輪に出ることが第一目標で、その中でもチームスプリントの「3走」で走ってメダルを獲りたいです!

 

==============================

話をする堀選手の表情は、これからへの「期待と不安」が入り混じっていましたが、「頂」に上る道はしっかりと見えているんだなというのを感じました。今年は2020年に続く大きな大会も控えています。鹿児島・鹿屋から世界を目指す姿、松木スポーツでは随時!お伝えして行きます。

2018年2月 4日 (日)

体調を整えるの “食” とは? ~松スポ! 食堂「KAGO食」~

_home_standby_htdocs__tool_imgconve(いつもお世話になっているKAGO食のみなさん!  中央が長島先生)

 

体調を崩しやすいこの時期…。
皆さんはどのように体調管理をされていますか?
うがい・手洗いが基本なのはもちろんなのですが、「松木スポーツ」も来店されるお客様から「体調を整える食事って無いんですか?」という疑問を頂いたので、早速、店主・松木!いつもお世話になっている、鹿児島のスポーツを「食」の面から支える活動を続けている「KAGO食スポーツ」代表で、鹿屋体育大学で教壇に立つ、長島未央子先生に聞いてきました!

 

===============================

体調を整えるためには、体の「中」を整える“食”が必要です。
具体的には「免疫力」を上げるというのがポイントで、「腸」に優しい食事が大切です。

 

実は、一般の方はもちろん、スポーツ選手でも免疫が落ちやすいんですよ。激しい運動をすると、一時的に免疫力が落ち時期があり、そういうときに病気に感染しやすくなるんですね。
そこで、「腸能力!」(笑)をあげることが大切なんです。
(↑すごいパワーが出そうですよねhappy01

 

腸内細菌の中には、善玉・悪玉・日和見菌というのがあって、腸内の環境を整えていく=腸能力を上げるには「善玉菌」を増やしていくことが大切です。
それにつながるのが、善玉菌が好きなものを食べること。
一番有名なのは乳酸菌で、ヨーグルトなどに入っているものがベーシックで、その他には発酵食品があげられます。具体的には納豆・味噌・キムチ・甘酒などが手軽もしれませんね。

 

おススメのレシピとしては?

食材を単品で取るよりも、合わせて取ることが大事です。
例えば、発酵食品である味噌とグルタミン。グルタミンは「だし」の成分ですので、しっかりと「だし」を取って、具沢山のお味噌汁を作るということでも良いんです。実は普段の料理で、しっかりと「だし」をとることが第一歩と言えるかもしれませんね。
また、ヨーグルトとバナナと蜂蜜の組合せもおススメです。これも「食べたことがある!」かもしれませんが、腸内細菌が喜ぶ組合せです。
そして、その調理方法やメニューを「続ける」ことが大事です。
 

一方で、腸を整えるには便通を整えることも必要で、その為に食物繊維をしっかり取りましょう。さらに、腸内を見ることは出来ないので「便」をセルフチェックしましょう。
「便」は、まさに「体からの便り」なのです。今日は固いな・・・軟便だな…と通常でない状態のときは注意して食事のメニューを考えるなど、便の状態で腸内の環境を感じていくことが大切なんです。

===============================

 

普段の食事から気をつけることで、しかもチョッとしたことを意識することで変わってくるんですね。早速、いまから実践してみませんか?

 

さて・・・これから暖かくなると、本格的に体を動かしたくなってきますよね?
そこで、食堂「KAGO食」では、スポーツと食とあなたをつなぐ、更なるプランを検討中!お楽しみに!