« 2017年10月 | メイン | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月10日 (日)

「鹿屋の青い空」 Story6 2018年シーズンに向けて・・・

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_4(新シーズンに向けて積極的に動き回っている高宮GM)

 

大隅・鹿屋から「世界」・「東京五輪」を目指して戦う、自転車のプロチーム シエルブルー鹿屋の今をお伝えする「鹿屋の青い空」。

今回は、新シーズン・2018年シーズンへの動きが続くチームの“いま”を、高宮正嗣GMに伺いました。

 

Q.2017年シーズンを振り返ると?

とても苦しいシーズンでした。
おととしの世界選手権で2位に入るなど、今シーズンの活躍が期待されていた上野みなみ選手が、落車で大きな怪我をしてしまい、大会に出られなかったので、チームとして結果を出せないシーズンでした。
ただ、この年末にかけて、産休に入っている塚越さくら選手も含め、練習をスタートさせており、最前線に復帰できるように頑張っています。

 

Q.2018年の計画は?

新たな選手がチームに加入することになっています。
数名の候補が居て、まだ全てを公表することはできませんが…。
ちょっとだけ(笑)
新加入選手の一人は、鹿屋体育大学4年生の堀航輝選手です。短距離の選手で大学時代から世界の舞台での経験を多く積み、世界と戦う「意識」の強さから契約に至りました。
東京五輪、そしてその先まで支えていければと考えています。

 

これまでの中・長距離(ロード)での勝利を目標にしたチーム編成から、短距離・トラック競技も視野に入れた形に変わっていくシエルブルー鹿屋。
2020年に向けて大切な年となる2018年の大会での嬉しい結果を期待しています!

2017年12月 3日 (日)

2017シーズンを終えて 熱況!ユナイテッド・赤尾キャプテン

_home_standby_htdocs__tool_imgconve(シーズン最終戦直後に、スタジオに来て下さった 赤尾キャプテン)

 

12月3日(日)に、ホーム・鴨池で、今シーズン最終戦を迎え、SC相模原に5対2で大勝したJ3鹿児島ユナイテッドFC。最終順位は、17勝11敗4分で、勝点55の4位。今シーズンの目標であったリーグ優勝とJ2昇格は果たせませんでしたが、一時優勝争いを繰り広げるなど、去年以上にファン・サポーターを沸かせた今シーズンについて、赤尾公キャプテンに聞きました。

====================================

Q.ホーム最終戦、ファンが熱かったのでは?

今シーズンも、いつも力強い応援をして頂きましたが、きょうは、いつも以上に練習のときから応援の声が大きく、「やらなきゃいけないな」という気持ちになりました。

 

Q.今シーズンを振り返って

監督が三浦さん変わり、サッカーのスタイルも変わったので、順応するまでに時間が掛かった難しい部分もあったが、特に最後3試合は、ユナイテッドらしい試合ができて、来季につながる形で終われたと思う。
三浦監督の「熱さ」も感じてもらえたシーズンだったかな(笑)


そのなかで振り返ると、夏前は本当に苦しかった・・・去年とは違うスタイルでサッカーをしていく中で、なかなか手応えを感じることができず、連敗してしまい、自信を無くしていた。
ただ、それを、チームみんなで乗り越える事ができたので、後半戦のいい形での勝利につながっているのだと思う。


何より・・・
目標を達成できなかったのは悔しいですし、応援をしてくれるサポーターと一緒にJ2に上がりたいという気持ちが強くなりました。
来シーズンは、「自信を持って」開幕を迎えられれば、おのずと優勝が見えてくると思う。
苦しいときも応援を続けてくれたファン・サポーターには改めて御礼を伝えたいです。

 

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_2(松木スポーツ特製クッションにサインをして下さいました!幸運は誰の手に?)

 

Q.鹿児島のサッカー熱は高まってきてますか?

たしかに、高まってきているのを感じますし、それを僕たちの「勝利」というもので、もっと高めていかないといけないと思う。
その中で、来シーズンは、J2昇格にむけて危機感を持って臨んでいく必要があると思います。

===============================


2018シーズンにむけて、チームの形が少しづつ明らかになってきていますが、どんな形で1月を迎えることになるのか?楽しみです。

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_3