日曜 18:00~MBCスポーツ内

鹿児島のスポーツの“今”を熱く語り、その興奮と感動をリスナーとシェアする
コーナーです。地域のスポーツイベントの応援団としても声を張り上げます!
パーソナリティー:松木 圭介 Mail:sports@mbc.co.jp 【投稿フォーム】

2017年12月10日 (日)

「鹿屋の青い空」 Story6 2018年シーズンに向けて・・・

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_4(新シーズンに向けて積極的に動き回っている高宮GM)

 

大隅・鹿屋から「世界」・「東京五輪」を目指して戦う、自転車のプロチーム シエルブルー鹿屋の今をお伝えする「鹿屋の青い空」。

今回は、新シーズン・2018年シーズンへの動きが続くチームの“いま”を、高宮正嗣GMに伺いました。

 

Q.2017年シーズンを振り返ると?

とても苦しいシーズンでした。
おととしの世界選手権で2位に入るなど、今シーズンの活躍が期待されていた上野みなみ選手が、落車で大きな怪我をしてしまい、大会に出られなかったので、チームとして結果を出せないシーズンでした。
ただ、この年末にかけて、産休に入っている塚越さくら選手も含め、練習をスタートさせており、最前線に復帰できるように頑張っています。

 

Q.2018年の計画は?

新たな選手がチームに加入することになっています。
数名の候補が居て、まだ全てを公表することはできませんが…。
ちょっとだけ(笑)
新加入選手の一人は、鹿屋体育大学4年生の堀航輝選手です。短距離の選手で大学時代から世界の舞台での経験を多く積み、世界と戦う「意識」の強さから契約に至りました。
東京五輪、そしてその先まで支えていければと考えています。

 

これまでの中・長距離(ロード)での勝利を目標にしたチーム編成から、短距離・トラック競技も視野に入れた形に変わっていくシエルブルー鹿屋。
2020年に向けて大切な年となる2018年の大会での嬉しい結果を期待しています!

スポーツNews

もっとみる>>