かごしま4とは

月~金 15:50~16:50生放送!
岡田祐介柳佐知
(気象予報士)
大山有布佳増永吉亨

「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」を“ふるさとたっぷり”にお送りします。


番組で紹介した
「ふるさとの食」をご紹介!

メッセージはこちら

メール:kago4@mbc.co.jp
FAX:099-255-9999

夏休み!お役立ちレシピ

2017年8月11日 (金)

あら、不思議~な、飾り巻き寿司に挑戦!

飾り巻き寿司教室を主宰する讃井ゆかりさん。

現役の大島紬クイーンとしても活動中で、スタジオにも大島紬を着ての登場でした。‘白大島’、涼しげで上品で、とても似合っています。

夏休み!ということで、「くじらの飾り巻き寿司」を教えてもらいました。

ナイフを入れる瞬間のどきどきわくわく感がたまりませんね~

あ~ら、不思議♪

くじらが出現!

子どもたちはもちろん、大人も一緒に楽しめますね。

0812

作り方は『かご4HP』に掲載されていますし、MBC学園でも講座がありますので興味のある方は是非☆

★OA後のヒトコマ★

0811

8/11の「夏休み!お役立ちレシピ」

《くじらの飾り巻き寿司》

170811_4

  1. くじらの目と口を先に準備する。
  2. 全体を組み立てる。
  3. 形を整える。
  4. 4等分に切り分けて飾りつける。

2017年8月10日 (木)

8/9の「夏休み!お役立ちレシピ」

《ミガシキの入ったソース焼きそば》

170809

  1. 麺は袋から出してお湯で洗い、しっかり油をおとす。豚の細切れに下味をつけ軽く揉んでおく
  2. ミガシキは、斜め薄切りにする。ピーマンはヘタと種をとって乱切りに。もやしは気になるようなら根を取り除く。
  3. フライパンにごま油をしっかり熱して、麺を入れて少し焦げ目がつくくらいまで炒め、いったん取り出す。
  4. フライパンに豚肉を入れて炒め、赤みが無くなったら野菜を加えてさらにいためる。
    (豚の脂で炒められるが、足りないようならサラダ油を加えていためる)
  5. 野菜がしんなりしてきたら麺を戻し、調味料を加えて炒める。
  6. 全体がよく馴染んだら皿に盛り、好みで紅ショウガ、かつお節、青のりをそえる。

今日のワンポイント

  • 麺はしっかり洗ってから先に炒めることで、べちゃっとせず、お店のような仕上がりになります。
  • ミガシキはあく抜きが不要の野菜で、野菜炒め、キンピラ、天ぷらなど楽しめます。

2017年8月 9日 (水)

画家&シェフの卵たち♪

県図画作品展で、南日本放送賞と最高賞の県知事賞に見事輝いた子どもたち5人がスタジオに来てくれました。本番前は少~し緊張した表情でしたが、みんな堂々とハキハキと自分の描いた作品について語ってくれました。

キャンバスいっぱいに夢と元気と1人1人の個性あふれる素晴らしい作品でした。

中学生の松尾くんと吉留さんにはお料理のコーナーのお手伝い(&試食まで)してもらいました。

「ミガシキの焼きそば」おいしかったです♪

Photoお料理も絵画も上手なみなさん。

これからがますます楽しみですね。

夏休み中ということもあって、お父さんお母さんたちもたくさん駆けつけてくださり、かご4のスタジオはにぎやかでした。ありがとうございました。

2017年8月 8日 (火)

8/8の「夏休み!お役立ちレシピ」

《チンチン!チキンライス》

170808

  1. 鶏モモ肉は皮を除いて1センチの角切りにし、塩コショウで下味をつける
  2. トマトケチャップ、濃口しょうゆ、バルサミコ酢を合わせ混ぜる
  3. ご飯は温めておく
  4. 大きめの耐熱ボウルに、水気を絞った玉ねぎ、刻んだ野菜、下味を付けた鶏モモ肉、調味料、バターの順に重ねて入れる
  5. ふんわりとラップをかけ600wのレンジで6分30秒~7分加熱する
  6. 取り出したらすぐに温かいご飯と混ぜ合わせて、出来上がり

今日のポイント

  • 混ぜご飯のように作るので、フライパンで炒める必要はありません。
  • オムライス・チキンドリア・ライスコロッケにもアレンジできます。
  • 玉ねぎや水分のある野菜は水気を絞って加えましょう。
  • 野菜は粗みじん切りにすると熱の通りが早くなります。

2017年8月 7日 (月)

8/7の「夏休み!お役立ちレシピ」

《みんな大好き 明太子パスタ》

170807

 

  1. 冷凍枝豆は解凍して、さやから出しておく
  2. 辛子明太子、バター、マヨネーズ、にんにくのすりおろしを大きめのボウルに入れ、合わせておく
  3. 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を加えてスパゲティの麺を入れ、麺がくっつかないようによく混ぜ、もう一度沸騰させる
  4. 沸騰させたら火を止めてフタをし、余熱で表示されている茹で時間待つ
  5. 茹で時間の半分で一度麺を解し、またフタをして時間がくるのを待つ
  6. 残り1分で茹で汁を75cc取っておく
  7. 麺をザルに上げ湯切りをしたら、明太子ソースのボウルに入れて、茹で汁、枝豆も加えて手早く全体を混ぜる

今日のポイント

  • 「鍋止め」という保温余熱で火を通す方法なので、途中コンロから離れても大丈夫です。
    (うどん・素麺もこの方法で茹でることができます)
  • 野菜も一緒に余熱で調理できるので、栄養価も増します
  • ボウルで混ぜるだけなのでフライパン要らずの一品です

ネットワーク