伝統

2017年3月20日 (月)

姶良市 帖佐十九日馬踊り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市の帖佐稲荷神社で、市の無形民俗文化財に指定されている帖佐十九日馬踊りが行われました。
かつて帖佐からの御神馬が鹿児島神宮の初午祭の後、地元でも馬踊りを披露したのが由来で、一時は途絶えていましたが、地元の行事として2000年に復活しました。今年は御神馬3頭とポニー2頭が馬踊りを披露。踊り連には地元の幼稚園や保育園の子どもたちも加わり、色鮮やかな衣装で楽しそうに踊っていました。
撮影は姶良市のふるさと特派員・中馬清美さんでした。

2017年3月 2日 (木)

ひなまつり 伝統行事「かえんそや」

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市入来町で、江戸時代から続く伝統行事「かえんそや」が行われました。
「かえんそや」とは、鹿児島弁で「換えましょうよ」という意味で、桃の節句に女の子たちが互いにお菓子を交換します。今年も、武家屋敷群にある旧増田家住宅に、色とりどりの晴れ着姿に薄化粧をした女の子たちが集まり、それぞれ持ち寄ったお菓子を「かえんそや」と言いながら取替えっこしました。お雛さまが飾られた会場では、三味線や琴の演奏などもあり、終日賑わいました。
撮影は、いちき串木野市のMBCふるさと特派員、小島忠義さんでした。

2017年3月 1日 (水)

いちき串木野市 ガウンガウン祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

いちき串木野市の深田神社で「ガウンガウン祭」がありました。
これは五穀豊穣などを祈って行われる伝統の祭りで、県の無形民俗文化財に指定されている「田打」と呼ばれる伝統芸能が披露されます。「田打」は住民が太郎と次郎という親子に扮して農作業をする様子を即興で演じるもので、田起こしから、田植えまでのようすが繰り広げられ、途中、登場した牛が大暴れするなどユーモラスに展開します。
かつて4つの地区の持ち回りで演じられてきた芝居も、今では2つの地区が行っていて、担い手不足が深刻ですが、地元の子どもたちも芝居に加わり、伝統の祭りは笑いに包まれました。
撮影は、日置市のMBCふるさと特派員・楠生恭二さんでした。

2017年2月27日 (月)

志布志のひな人形展

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

志布志市埋蔵文化財センターで「志布志のひな人形展」が開かれています。昔のひな人形や紙人形、土人形など様々なひな人形が展示されています。この日は近くの幼稚園らが訪れ、楽しそうに見学していました。「志布志のひな人形展」は3月5日まで開かれています。
撮影は志布志市のふるさと特派員、米元育雄さんでした。

むじょかひな祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

中種子町の今姫神社では「むじょかひな祭り」が開かれました。むじょかとは「かわいい」という意味の方言で、全国からの寄付で集まったひな人形、およそ400体が参道の石段に並べられました。その見事なひな飾りをバックに、家族連れなどが記念写真を撮る姿が見られました。これらのひな人形は3月3日から5日まで再び並べられます。雨の場合は近くの公民館に展示されます。
撮影は種子島のふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。

2017年2月15日 (水)

初午祭へ 稽古続く

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市隼人町では、2月19日に行われる鹿児島神宮の初午祭に向けた稽古が続けられています。本番までのおよそ1か月間、毎日1時間、行われる稽古は真剣そのもの。人も馬も汗だくになって熱のこもった稽古が続けられています。
撮影は、霧島市のふるさと特派員・湯之上昭さんでした。

2017年1月31日 (火)

種子島の「トシドン」

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

西之表市の野木之平集落で、甑島の伝統行事「トシドン」がありました。明治時代、種子島には甑島から人々が開拓で移住してきました。集落には、かつての故郷の行事が受け継がれています。トシドンは家を訪れ、子どもたちに歌を歌わせたり、親の言うことを聞いているかなど説教したりします。子どもたちは背中に餅をのせられ、良い子になりますと、トシドンに約束していました。

撮影は、西之表市のふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。

2017年1月19日 (木)

垂水市「壁うっくじい」

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

「壁うっくじい」=壁こわしは、別名「ハラメ祝い」とも呼ばれています。この日、新婚の家では丸太などで垣根を作り、子供たちを迎えます。すると地元の小学生たちがやってきて、ハラメ棒と呼ばれる棒で垣根打ちをはじめます。掛け声には子孫繁栄の祈りが込められています。壁を壊すことには、嫁と嫁ぎ先との「目に見えない壁」を壊す意味もあるといわれています。壁が壊れ柱を引き抜いたら終わりで、子供たちにはお菓子などが振る舞われます。

撮影は鹿屋市のふるさと特派員、末吉秀太さんでした。

2017年1月12日 (木)

初午祭 ポンパチづくり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市にある工房です。来月行われる鹿児島神宮の初午祭で、祭りを盛り上げる鈴かけ馬に飾られるのがポンパチです。馬が動くたびに糸でつるされた豆が太鼓を打ち、「ポンパチ」と音を奏でます。ポンパチは市内にある花見ユリ子さんの工房で作られています。竹を切り、和紙をはった太鼓に、絵を描いていきます。初午祭までひと月余り。娘さん2人も加わって作業も佳境に入っています。

撮影は霧島市のふるさと特派員、湯之上昭さんでした。

2017年1月 5日 (木)

出水市・上村西集落の鬼火焚き

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

出水市の上村西集落で「鬼火焚き」が行われました。鬼火焚きは県内各地で行われる伝統行事で、悪霊を追い払い燃えさかる炎を前に一年間の無病息災などを祈ります。今年は組まれたやぐらが勢いよく燃え上がりました。鬼火焚きで焼いた餅を食べれば健康で長生きするということで、参加した人たちは残り火で焼いた餅をおいしそうに食べていました。

撮影は出水市のMBCふるさと特派員、吉海保さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31