学校

2017年2月28日 (火)

伊仙町 小学生がまち歩きガイド

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

伊仙町立阿権小学校の3年生から6年生の児童8人が、2月2日、授業の一環として阿権集落のまち歩きガイドを行いました。ツアーのコースは、子どもたちが、総合学習の時間を使い集落の特長や歴史を調べて、考えました。まち歩きガイドツアーには、地元の住民などおよそ20人が参加。集落のご神木のがじゅまるや、石垣の道など約1時間かけて歩き、それぞれの場所で子どもたちが説明しました。徳之島を含む奄美群島の世界自然遺産登録を見据え、ちびっ子ガイドの活躍も期待されているということです。
撮影は、徳之島のMBCふるさと特派員・加川徹さんでした。

2017年1月17日 (火)

霧島市 小学校で釣り大会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

万膳小学校は、全校児童15人。毎年、秋になると学校のプールにニジマスの稚魚を放流します。去年は2100匹が放流され、子どもたちが交代でエサを与えてきました。ニジマスは20センチほどになり、この日、釣り大会が開かれました。300人ほどがプールに釣り糸を垂れ、バケツいっぱいに釣る人もいました。釣ったニジマスは1匹200円で売られ、持ち帰ったり炭火で塩焼きにしたりしました。釣り大会の収益金は遠足のバス代に使われるということです。

撮影は霧島市のふるさと特派員、谷口範義さんでした。

2017年1月10日 (火)

喜界島 小学生が狂言披露

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

喜界島で小学生たちが島の言葉で狂言を演じました。

これは奄美の方言や文化を伝えようと開かれたイベント、「縄文祭り・歓迎と交流の夕べ」で披露されたものです。島内の小学生9人が演じたのは、物語の中に黒砂糖が登場する「附子」。子どもたちは親もほとんど使わなくなった島の言葉=シマユムタを使い、狂言を演じました。言葉の指導は祖父や祖母らが行い、演技は京都在住の狂言師、河田圭輔さんが島を訪れ指導したということです。

島の言葉で演じた狂言。子どもたちの素晴らしい舞台に大きな拍手が送られていました。

撮影は喜界町の生島常範さんでした。

2016年12月20日 (火)

甑島 中学生の交流会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市の下甑島で甑島の中学生が集まり、交流会がありました。会は子どもたちに甑島の魅力を伝えようと行われたもので、中学生およそ20人が参加しました。子どもたちは島の地層の特徴や、見つかった恐竜の化石などの説明を受け、将来の観光のあり方について意見交換をしました。

撮影は甑島のふるさと特派員・蔵野量夫さんでした。

2016年12月 6日 (火)

霧島市 中学生が演じた「特攻」

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市溝辺町の陵南中学校で特攻隊の劇が披露されました。戦時中、霧島市溝辺町には旧海軍の航空基地があり、ここから出撃した173人もの特攻隊員が戦死したとされています。舞台に立ったのは2年生で、この日に向けて2週間リハーサルしてきました。特攻隊員らを演じた中学生の平和へのメッセージをほかの生徒や集まった保護者らは真剣な表情でみつめていました。

撮影は霧島市のMBCふるさと特派員、谷口範義さんでした。

2016年11月28日 (月)

小学校で おいもまつり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市の西伊敷小学校で、おいもまつりが開かれました。これは2年生が5か月間育て、収穫したサツマイモを1年生に振舞うものです。まつりでは子どもたちが作ったアクセサリーや本を売るお店も開店したほか、みこしも登場し、歌やおどりを楽しみました。このあと、ゆでたサツマイモが振舞われ、子どもたちはおいしそうに食べていました。サツマイモを堪能した子どもたち。

撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員・小谷真一さんでした。

2016年11月 8日 (火)

霧島市でニジマス放流

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市牧園町の万膳小学校で、来月の釣り大会に向けてニジマスの放流がありました。ことしは、体長10センチほどのニジマス2100匹がプールに放流され、児童たちはニジマスが入ったバケツを何度も運んでいました。ニジマスは、PTAが主催する一般向けの釣り大会でも利用され、収益金は、春のお別れ遠足のバス代に充てられるということです。

撮影は、霧島市のMBCふるさと特派員・谷口範義さんでした。

2016年10月27日 (木)

知名町で日本舞踊の公演

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

10月24日、知名町で舞踊集団「菊の会」の公演がありました。東京を拠点とする「菊の会」は日本の伝統的な踊りを広く知ってもらおうと国内外で活動しています。先月は知名中学校を訪れ、踊りを教えていた「菊の会」のメンバーらは最後に生徒24人と一緒に踊りを披露し、会場を盛り上げました。

撮影は和泊町の山内誠一郎さんでした。

2016年10月17日 (月)

霧島市 中学校で最後の運動会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市福山町の福山中学校で最後の運動会がありました。福山中学校は生徒数が少なくなり、来年3月、閉校します。運動会は福山小学校との合同で行われました。すでに校区の1、2年生は別の中学校に通っていて、最後の卒業生となる3年生5人が運動会に出場、小学生のほか地域住民や卒業生らおよそ300人も訪れ、入場行進に加わりました。この日は時折雨が降るあいにくの天気でしたが運動会は熱気を帯びて大きな声援に包まれていました。

撮影は霧島市のMBCふるさと特派員、谷口範義さんでした。

2016年9月28日 (水)

霧島市 小中学校の運動会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市国分の木原小中学校で恒例の学校と地域住民との合同の運動会がありました。木原小中学校の児童・生徒は63人でそれぞれの学年は1つのクラスなどで、入学してから卒業するまでの9年間は同じクラスメートになります。それだけに地域住民の母校に対する思いは強く、この日に合わせて里帰りする卒業生も居ます。運動会では綱引きやリレーなどの種目で、子どもたちと住民がふれあっていました。運動会で地域住民と子どもたちがひとつになった一日。

撮影は霧島市のMBCふるさと特派員、谷口範義さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31