祭り

2016年7月25日 (月)

子どもたちが作った夏祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市の伊敷中央公園で開かれた恒例の夏祭り納涼大会。その中で、地元の小中学生を中心にこども演芸大会がありました。演芸大会の出し物の決定や、準備などは全て子どもたちが行いました。子どもたちの司会進行の下、キッズダンスが行われ、その後の○×ゲームやビンゴゲームなどで会場をもりあげました。子どもたちも参加して作りあげた地域の夏祭り。

撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員、小谷真一さんでした。

2016年5月18日 (水)

出水 桂島の金毘羅祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

八代海に浮かぶ桂島で金毘羅宮の春祭りがありました。戦前は300人を超える人が住んでいましたが、いまは6世帯12人が暮らしています。祭りでは2人の「みこ」による舞が奉納されました。また金毘羅宮の下には恵比寿神社もあり、海の安全と大漁を祈願しました。この日は、島を出た人たちも祭りのために島に帰ってきて、島の料理を囲んで久しぶりの再開に話の花を咲かせていました。

撮影は出水市のふるさと特派員、吉海保さんでした。

2016年5月12日 (木)

種子島 移住祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

西之表市の柳原集落は、130年前の明治19年、甑島から移住してきた人たちが開拓してつくったといわれています。移住記念碑の前で行われた祭りには住民ら100人余りが参加し、線香を手向け、祖先たちの遺徳を偲びました。この後、5年ぶりに郷土芸能の「新地節」が披露されました。また敬老会も開かれ、集落の人たちは「先人たちの開拓精神を忘れずにがんばろう」と決意を新たにしたそうです。

撮影は種子島のふるさと特派員、西金男さんでした。

2016年3月 3日 (木)

鹿児島神宮初午祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島に春の訪れを告げる初午祭が、このほど霧島市隼人町の鹿児島神宮で行われました。五穀豊穣や畜産振興などを祈って、460年以上前から伝わるとされています。霧島市の内外から鈴かけ馬やポニー、合わせて20頭とそれぞれの地域の人たちが繰り出し、練習してきたステップを、かねや太鼓に合わせて披露しました。およそ10万人の人出でにぎわった初午祭。

撮影は姶良市のMBCふるさと特派員、中馬清美さんでした。

2016年2月 9日 (火)

「オッノコンボ」の製作風景

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

こちらは鹿児島市の工房です。照国神社の初市で見かける縁起物の小さな人形、「オッノコンボ」の製作風景です。県内ではここだけで作られていて、この日は鮫島金平さん、トシ子さん夫婦がひとつづつ丁寧に仕上げをしていました家に福が訪れるといわれるオッノコンボ。今月11日、13日、14日に開かれる照国神社で縁起初市で購入することができます。

撮影はMBCふるさと特派員・緒方義輝さんでした。

2016年1月14日 (木)

姶良市で鬼火たき

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市東餅田の東自治会で、このほど鬼火たきが行われました。自治会の青壮年部が切り出した竹で、別府川の河川敷にやぐらを組みました。やぐらは勢いよく燃え上がり、訪れた人たちが無病息災を祈っていました。今回は2年ぶりの開催で、大勢の人が集まったという鬼火たき。
撮影は姶良市のふるさと特派員、中馬清美さんでした。

2016年1月 5日 (火)

種子島の正月

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

西之表市の伊勢神社で、年越しのカウントダウンが行われました。年があらたまると、初詣に訪れた人たちが、次々に参拝していました。境内では、新年を祝って種子島太鼓も披露されました。一方、こちらは南種子町の宝満神社です。境内で神楽が奉納され、訪れた大勢の初詣客が楽しんでいました。

撮影は、種子島のふるさと特派員・番山喜一郎さんでした。

2015年12月16日 (水)

霧島神宮・新嘗祭&小学校のあいさつ運動

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

■霧島神宮で豊作に感謝する新嘗祭がありました。大勢の参拝客が訪れるなか様々な郷土芸能が披露されました。参拝客にはあま酒が振舞われ喜ばれていました。

撮影は霧島市のふるさと特派員・下登虎男さんでした。

■伊佐市菱刈にある全校児童82人の本城小学校の登校風景です。伊佐市では毎月13日に地域の大人たちが登校時に校門に並んで、子どもたちにあいさつをしています。いつもと少し違う朝の光景に、子どもたちの戸惑う姿も見られましたが、大人たちのあいさつに、子どもたちも元気にあいさつを返していました。

撮影は伊佐市のふるさと特派員・坂元克子さんでした。

2015年12月 3日 (木)

日置市で豊年まつり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市東市来町の上市来地区公民館で、恒例の「ふるさと豊年まつり」が開かれました。地区の活性化を目指して始まったイベントも今年で7回目です。会場の特設ステージでは、太鼓の演奏やダンスなど多彩な発表が行われたほか、地元の野菜や米、それに近くにある鹿児島城西高校の生徒たちが作ったお菓子なども販売され、人気を集めていました。この日は地区の外からも多く人が訪れ、地区の人たちとの交流を楽しんでいました。

撮影は、日置市のふるさと特派員・楠生恭二さんでした。

2015年11月11日 (水)

鉄砲の劇

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鉄砲伝来の地、種子島で、戦国時代の戦をテーマにした劇が上演されました。国民文化祭の一環として披露されたもので、プロの俳優や全国の火縄銃団体の人たちのほか、地元の人たちも武士にふんして参加しました。鉄砲をテーマに総勢200人が演じた劇。子供の鉄砲隊はクラッカーを鳴らし、会場を沸かせていました。

撮影は西之表市のふるさと特派員 番山喜一郎さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31