おでかけ

2016年10月13日 (木)

南九州市 遅咲きのひまわり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南九州市川辺町本別府の大久保集落で、およそ3万本のひまわりが見ごろを迎えています。過疎化が進む集落で地域の活性化になればと、4年前から休耕田およそ50アールを利用して、種をまく時期を遅らせて育てています。今年は8月下旬に種をまき、今月9日ごろに見ごろとなりました。ひまわりは1人5本まで持ち帰ることができるということです。

撮影はMBCのふるさと特派員、安田伸一郎さんでした。

2016年8月 8日 (月)

ブルーベリーの収穫体験

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市犬迫町の都市農業センターで恒例のブルーベリーの収穫体験がありました。年々人気の体験で今回は500組以上の応募があり、抽選で午前と午後それぞれ100組づつが体験しました。都市農業センターには200本あまりのブルーベリーの木が植えられていて参加者は収穫体験の後、摘み取ったばかりのブルーベリーを生で食べ、そのおいしさに感激していました。太陽をいっぱい浴びた鹿児島のブルーベリーの収穫体験。

撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員、堂福勝さんでした。

2016年7月 9日 (土)

志布志埋蔵文化財センター1万人

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

きょうは志布志市から、埋蔵文化財センターの入場者が1万人を突破したという話題です。志布志市埋蔵文化財センターでは、市内の遺跡の出土品や遺物などが展示されていて、旧石器時代から太平洋戦争までの志布志市の歴史を学ぶことができます。2013年、語呂合わせで「しぶし」となる、4月24日に開館し、先月28日、入場者が1万人に達しました。1万人目となったのは、志布志市の松山中学校一年生の生徒ら28人です。生徒の代表がくす玉を割り、1万人突破の節目を祝いました。

撮影は志布志市のMBCふるさと特派員米元育雄さんでした。

2016年6月15日 (水)

スイレンの花が見ごろに

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市の都市農業センターには、およそ2500平方メートルの水生植物園があります。その中に、いま気高く優しい花が咲いています。スイレンです。白やピンクの花が訪れる人たちの目を楽しませています。この日は、アマチュアのカメラマンたちがスイレンにカメラを向けていました。都市農業センターによりますとちょうど今頃から見ごろを迎えるそうで、花は8月ぐらいまで見ることができます。花が開いている天気のいい午前中に訪れるのがいいということです。

撮影は、鹿児島市のふるさと特派員、緒方義輝さんでした。

2016年5月25日 (水)

いちき串木野市 荒川ほたるでナイト

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

いちき串木野市の荒川地区で「荒川ほたるでナイト」が開かれました。「荒川川」ではこの時期、乱舞するホタルを見ることができ、イベントは今年で15回目となりました。この日は大勢の人たちが訪れ、川沿いを散策しながらホタルが舞う幻想的な様子を楽しんでいました。荒川川のホタルは来月初旬ごろまで見ることができそうだということです。

撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員、小島忠義さんでした。

2016年4月20日 (水)

25万株のシバザクラ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市にある「まほろばの里」です。今月に入ってシバザクラが満開となりました。ここには九州最大級のおよそ25万株のシバザクラが植えられていて丘一面に鮮やかなピンク色が広がっています。シバザクラは今週いっぱいは楽しめるということです。

撮影は姶良市のふるさと特派員、村田俊毅さんでした。

矢筈岳・諸正岳 登山

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市伊集院町では地元の人たちが参加した登山大会が開かれました。矢筈岳・諸正岳の登山道が整備されたことを記念しての登山で、住民ら240人が参加しました。そして標高300メートル余りの頂上から、吹上浜や鹿児島市を望む風景を楽しみました。

撮影は日置市のふるさと特派員、楠生恭二さんでした。

2016年3月 3日 (木)

鹿児島神宮初午祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島に春の訪れを告げる初午祭が、このほど霧島市隼人町の鹿児島神宮で行われました。五穀豊穣や畜産振興などを祈って、460年以上前から伝わるとされています。霧島市の内外から鈴かけ馬やポニー、合わせて20頭とそれぞれの地域の人たちが繰り出し、練習してきたステップを、かねや太鼓に合わせて披露しました。およそ10万人の人出でにぎわった初午祭。

撮影は姶良市のMBCふるさと特派員、中馬清美さんでした。

2016年3月 2日 (水)

地域のひな祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市樋脇町の「倉野地区コミュニティセンター」で「倉野ひな祭り」が開かれています。住民が使わなくなったひな人形や手作りのひな飾りなど500点以上が展示されていて地区内外から訪れる人たちを楽しませています。地元に伝わる「奴踊り」や「太鼓踊り」などを表現した作品もありその見事な仕上がりに訪れた人たちは感心していました。「倉野ひな祭り」は今月21日まで開かれています。

撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員、小島忠義さんでした。

2016年3月 1日 (火)

伊佐のひなまつり福かざり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

伊佐市でいま「伊佐のひなまつり福かざり」が、開かれています。「福かざり」とは「つるしびな」のことです。商店街の一角にあるメイン会場にはおよそ150体の福かざりが展示されているほか、大口と菱刈の商店街にもあわせて150体ほどが福かざりが展示されています。焼酎の空き瓶を使った焼酎びなや猿をモチーフにしたユニークな作品も展示されていて、多くの人が訪れていました。またスタンプラリーも行われ、にぎわっていました。「伊佐のひなまつり福かざり」は今月6日まで開かれています。

撮影は伊佐市のMBCふるさと特派員、高岸忠之さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31