アート・文化

2015年9月23日 (水)

山田のかかし

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

今年も、お目見えしました。田んぼが広がる姶良市の山田地区で、この時期恒例のかかしの展示が行われています。この「山田の里かかし祭り」は地元のコミュニティ協議会が毎年秋に開いているものです。県道沿いや田んぼの中などに、アニメのキャラクターや人をリアルに表現したものなど、地元の人たちが作った力作およそ50体が展示されています。

撮影は姶良市のふるさと特派員、中馬清美さんでした。

2015年7月21日 (火)

雨続きを吹き飛ばすコンサート

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

湧水町米永のいきいきセンターくりの郷で開かれたサマーコンサートです。コンサートは雨が続いた日々を明るく楽しく過ごそうと霧島市や伊佐市で活動する2組のバンドがボランティアで行ったものです。バンドの演奏が始まると施設を訪れていた子どもたちが集まり、手拍子をしながら音楽に聞き入っていました。参加したバンド「サニースポット」のボーカルで湧水町出身の西マサミさんは地元の観客から声をかけられ涙ぐみながらやり取りしていました。撮影は伊佐市のMBCふるさと特派員、坂元克子さんでした。

2015年5月20日 (水)

親子ふれあい陶芸教室

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市加治木町で粘土を使った親子ふれあい陶芸教室が開かれました。この日20人の親子が集まり、出されたテーマは「人の顔」。それぞれ親子で顔を見合わせて、イメージをつかみ作業台の上にある粘土をこね始めました。中には、その場にいない父親の顔を作る子どももいて、完成した粘土の顔は家族の愛情あふれた個性的なものに仕上がり「面白い」「楽しい」などと言った感想が寄せられました。親子が顔を見つめ合って粘土の顔づくりに挑戦した教室。
撮影は姶良市のMBCふるさと特派員村田俊毅さんでした。

2015年4月23日 (木)

砂像作りに挑戦

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

来月1日から南さつま市金峰町で開かれる「吹上浜砂の祭典」の会場で、砂の像を作るコンテストが開かれました。参加したのは、小学生と中学生合わせて300人あまりで、1チーム5人で挑戦しました。最初は悪戦苦闘していましたが、砂の像が出来上がってくると満足そうな様子でした。この砂の像は来月1日から始まる「吹上浜砂の祭典」の期間中、会場に展示されます。
撮影は南さつま市のMBCふるさと特派員、安田伸一郎さんでした。

2015年3月10日 (火)

広田遺跡ミュージアム

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南種子町に建設されていた「広田遺跡ミュージアム」が今月1日にオープンしました。広田遺跡は、今から1700年前の弥生時代の終わりごろから古墳時代にかけての集団埋葬の墓の遺跡で、113体の人骨や貝で作った副葬品などが出土しています。「広田遺跡ミュージアム」には出土品や墓などが実物や模型で展示されていて、オープニングセレモニーで会館を祝いました。観光施設としても期待される広田遺跡ミュージアム。
撮影は西之表市のMBCふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。

2015年3月 4日 (水)

志布志のひな人形展

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

志布志市埋蔵文化財センターで「志布志のひな人形展」が開かれています。6回目となった今年は77年前の「御殿びな」をはじめとした昔のひな人形や「薩摩糸びな」、「土人形」など様々なひな人形が展示されています。懐かしいひな人形や珍しいひな人形の数々を、訪れた人たちは楽しそうに見ていました。この「志布志のひな人形展」は今月8日まで志布志市埋蔵文化財センターで開かれています。
撮影は志布志市のMBCふるさと特派員、米元育雄さんでした。

2015年3月 3日 (火)

かえんそや

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市入来町で桃の節句の行事、「かえんそや」が行われました。「かえんそや」とは「替えましょうか」という意味です。晴れ着を着て薄化粧をした女の子たちがお菓子を持ち寄り、声を掛け合いながら取り替えっこをする江戸時代から続く伝統行事です。「かえんそや」が行われた旧増田家住宅は国の重要文化財で、地元の人たちの手でひな人形が飾られました。この日は琴の演奏などもあり終日にぎわいました。
撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員、小島忠義さんでした。

手作りのひな人形

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市のJR横川駅に手作りのひな人形が飾られました。これは100年の駅舎として親しまれている横川駅をひな人形で飾ろうと地元の人たちが持ち寄ったものです。人形の材料はパン、ひょうたんなどさまざま。中でも目をひいたのが石で作られたひな人形です。愛らしい表情にくわえ丁寧に色づけされ重量感もあります。近くの横川中学校。生徒たちによってお色直しされた大きな石のひな人形が駅に飾られるのを待っていました。そして横川駅では列車「はやとの風」の乗客が駅舎を巡り人形と一緒にカメラに収まっていました。

撮影は、霧島市のMBCふるさと特派員谷口範義さんでした

2015年2月26日 (木)

「ありがとう」の作品展

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市の姶良公民館で、感謝の気持ち「ありがとう」をテーマに制作された作品が展示されています。作品は姶良市で絵手紙を手作りする講座に今年度参加した会員らが作ったものです。バラの花を巻紙風に描きながら、制作者それぞれの「ありがとう」の気持ちを表現していて、個性が光る62点が展示されています。作品は、姶良公民館で来月3日まで展示されています。
撮影は、姶良市のMBCふるさと特派員、中馬清美さんでした。

2015年2月 9日 (月)

英国船漂着120年フェスティバル

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南種子町の花峰小学校で、明治時代に漂着したイギリス船のドラメンタン号をしのんで120年記念フェスティバルが開かれました。フェスティバルでは、婦人会の紙芝居や全校児童による劇などが発表されました。ドラメンタン号は1894年、台風のため南種子町の前の浜海岸に漂着。住民が手厚く介護したお礼に贈られたインギー鶏の子孫が今も飼育されています。フェスティバルのあと花峰小学校前にできた「インギー駅」バス停と待合所の完成式典が行われました。
撮影は、西之表市のMBCふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31