« 霧島市 郷土料理に挑戦 | メイン | 種子島の超早場米 »

2017年7月19日 (水)

南さつま市 ハマボウの花 見ごろ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南さつま市加世田の万之瀬川河口で夏の到来を告げる、ハマボウの花が見ごろを迎えています。花は7~8センチの黄色で、つぼみもたくさんつけています。ハマボウが育つ、万之瀬川左岸のおよそ1キロにわたる周辺一帯は、「万之瀬川河口域のハマボウ群落及び干潟生物群集」として2007年2月に国の天然記念物に指定されていて、1000株以上のハマボウや、小型のカニ、ハクセンシオマネキなど、貴重な生物がみられます。朝顔と同じように朝咲いて、夕方しぼむ、ハマボウの花。見ごろは今月末ごろまでということです。

撮影は、鹿児島市のふるさと特派員・緒方義輝さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31