« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月25日 (火)

風鈴まつり いちき串木野市

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

いちき串木野市・冠岳地区の窯元、次郎工房で風鈴まつりが開かれています。
焼物で作られた風鈴には、草花や夏の海風景、模様などが描かれ、涼しい音で訪れた人を和ませています。
風鈴まつりは今月30日まで開かれていて、風鈴は1個1500円から2000円ほどで販売されています。

撮影は、いちき串木野市のふるさと特派員・小島忠義さんでした。

2017年7月20日 (木)

種子島の超早場米

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

今月16日、南種子町の古市純一さんの田んぼで超早場米の稲刈りがありました。晴天の下、早くも実った黄金色の稲穂がコンバインで刈り取られていきました。近くの別の田んぼでも親戚らが協力して稲刈りをし、掛け干しする姿がみられました。
稲刈りから2日後、古市さんのお米は、南種子町の小学校と中学校の給食で提供されました。平山小学校でも子どもたちが、うれしそうに地元の新米を味わっていました。

撮影は、種子島のふるさと特派員・番山喜一郎さんでした。

2017年7月19日 (水)

南さつま市 ハマボウの花 見ごろ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南さつま市加世田の万之瀬川河口で夏の到来を告げる、ハマボウの花が見ごろを迎えています。花は7~8センチの黄色で、つぼみもたくさんつけています。ハマボウが育つ、万之瀬川左岸のおよそ1キロにわたる周辺一帯は、「万之瀬川河口域のハマボウ群落及び干潟生物群集」として2007年2月に国の天然記念物に指定されていて、1000株以上のハマボウや、小型のカニ、ハクセンシオマネキなど、貴重な生物がみられます。朝顔と同じように朝咲いて、夕方しぼむ、ハマボウの花。見ごろは今月末ごろまでということです。

撮影は、鹿児島市のふるさと特派員・緒方義輝さんでした。

2017年7月 4日 (火)

霧島市 郷土料理に挑戦

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市で、男性を対象にした郷土料理の教室がありました。この教室は霧島市シルバー人材センターが開いたもので、市内の男性20人が参加して栄養士のアドバイスのもと、「すもじ」と呼ばれる「ちらしずし」や「茶節」など、郷土料理5品をつくりました。
参加者らは力作の料理が完成すると、おいしそうに食べていました。

撮影は、霧島市のふるさと特派員・谷口範義さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30