« 出水市・上村西集落の鬼火焚き | メイン | 梅ヶ渕観音 合格祈願 »

2017年1月10日 (火)

喜界島 小学生が狂言披露

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

喜界島で小学生たちが島の言葉で狂言を演じました。

これは奄美の方言や文化を伝えようと開かれたイベント、「縄文祭り・歓迎と交流の夕べ」で披露されたものです。島内の小学生9人が演じたのは、物語の中に黒砂糖が登場する「附子」。子どもたちは親もほとんど使わなくなった島の言葉=シマユムタを使い、狂言を演じました。言葉の指導は祖父や祖母らが行い、演技は京都在住の狂言師、河田圭輔さんが島を訪れ指導したということです。

島の言葉で演じた狂言。子どもたちの素晴らしい舞台に大きな拍手が送られていました。

撮影は喜界町の生島常範さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31