« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月27日 (木)

知名町で日本舞踊の公演

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

10月24日、知名町で舞踊集団「菊の会」の公演がありました。東京を拠点とする「菊の会」は日本の伝統的な踊りを広く知ってもらおうと国内外で活動しています。先月は知名中学校を訪れ、踊りを教えていた「菊の会」のメンバーらは最後に生徒24人と一緒に踊りを披露し、会場を盛り上げました。

撮影は和泊町の山内誠一郎さんでした。

2016年10月20日 (木)

鉄砲伝来記念式典

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南種子町でこのほど鉄砲伝来記念式典が開かれました。473年前の1543年に鉄砲が伝わった地、種子島。式典は外国船が漂着した前之浜を見下ろす門倉岬公園で行われ、地元の人たちでつくる鉄砲隊が火縄銃の試射を披露しました。一方、幼稚園児らは模型の火縄銃を発射。こちらはクラッカーが飛び出し見物客を沸かせていました。

撮影は種子島のMBCふるさと特派員・西金男さんでした。

2016年10月17日 (月)

霧島市 中学校で最後の運動会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市福山町の福山中学校で最後の運動会がありました。福山中学校は生徒数が少なくなり、来年3月、閉校します。運動会は福山小学校との合同で行われました。すでに校区の1、2年生は別の中学校に通っていて、最後の卒業生となる3年生5人が運動会に出場、小学生のほか地域住民や卒業生らおよそ300人も訪れ、入場行進に加わりました。この日は時折雨が降るあいにくの天気でしたが運動会は熱気を帯びて大きな声援に包まれていました。

撮影は霧島市のMBCふるさと特派員、谷口範義さんでした。

2016年10月13日 (木)

南九州市 遅咲きのひまわり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南九州市川辺町本別府の大久保集落で、およそ3万本のひまわりが見ごろを迎えています。過疎化が進む集落で地域の活性化になればと、4年前から休耕田およそ50アールを利用して、種をまく時期を遅らせて育てています。今年は8月下旬に種をまき、今月9日ごろに見ごろとなりました。ひまわりは1人5本まで持ち帰ることができるということです。

撮影はMBCのふるさと特派員、安田伸一郎さんでした。

2016年10月12日 (水)

湧水町 音楽・絵手紙を楽しむ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

バンドが演奏する近くで子どもたちが取り組んでいるのは絵手紙作りです。湧水町で開かれたのは、音楽や絵手紙づくりを楽しもうというイベントで、町内外から100人以上が参加しました。参加者たちは思い思いの作品づくりに取り組み、色鮮やかな絵手紙が仕上がると、その出来栄えに満足している様子でした。

撮影は伊佐市のふるさと特派員・坂元克子さんでした。

姶良市 かかし祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市の山田地区で9月、恒例の「山田の里かかし祭り」が開かれました。今年はリオオリンピックをテーマにしたかかしなど、およそ90体が展示され、大賞には20体のかかしが綱引きをする新馬場自治会の作品、「それゆけードンドン」が選ばれました。ユニークなかかしを見に、今年も多くの人が地区を訪れたということです。

撮影は姶良市のふるさと特派員・中馬清美さんでした。

2016年10月11日 (火)

南種子町 豊作感謝の祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南種子町茎永の宝満神社で、2年に一度の秋季大祭が開かれました。上里集落に伝わる「源吾婆」は、高齢の夫婦に扮した2人を中心に行われる滑稽な踊りです。この「源吾婆」は、種子島では、茎永地区でしか見ることができない珍しいものだということです。このほか、「弁慶踊り」や「山口踊り」、小中学生の「棒踊り」など地域に伝わる様々な踊りが奉納されました。種子島では、今月、各地の神社でこうした秋季大祭が行われるということです。

撮影は西之表市のMBCふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。

2016年10月10日 (月)

鹿児島市 幼児たちの運動会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市緑ヶ丘のはなぶさ幼稚園で開かれた幼稚園に入る前の幼児たちを対象にした運動会です。運動会にはおよそ50人の幼児が集まり、かけっこやダンス、玉入れなどをしました。1歳児のかけっこは「はいはい」で、タンバリンなどを使って誘導してもなかなかゴールに向かってくれません。2歳児でも泣き出す子やゴール直前で逆戻りする子がいます。親たちは、はらはらどきどきしながら、子どもたちと一緒に運動会を楽しんでいました。運動会で、一足先に幼稚園の雰囲気を体験した子どもたち。

撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員、小谷真一さんでした。

2016年10月 5日 (水)

鹿児島市 花尾神社の例大祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市花尾町の花尾神社で恒例の例大祭がありました。花尾神社は、島津家初代の島津忠久が建立し、その壮麗な社殿は徳川家康を祭る栃木県の日光東照宮に雰囲気が似ていることから、「さつま日光」の愛称でも親しまれています。例大祭では、鹿児島市の無形民俗文化財にも指定されている大平の獅子舞などが奉納され、子どもたちも参加しました。この日は、鶴丸城から花尾神社までの18キロを歩く「蟻の花尾詣で」もあり、地元住民らも甲冑や着物姿で参加して盛り上げていました。

撮影は鹿児島市のふるさと特派員、堂福勝さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29