« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

種子島 子ども相撲大会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

中種子町の星原小学校で小学生の相撲大会が開かれました。この大会は中種子町の浜津脇地区と隣接する西之表市の住吉地区の対抗戦として戦前から毎年行われているもので、今年で85回目です。今年は両地区の小学生49人が参加し、個人・団体で対戦しました。子どもたちが力いっぱいぶつかりあう姿に、会場を訪れた地区の住民たちからも大きな歓声が上がっていました。

撮影は種子島のふるさと特派員、西金男さんでした。

2016年5月25日 (水)

いちき串木野市 荒川ほたるでナイト

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

いちき串木野市の荒川地区で「荒川ほたるでナイト」が開かれました。「荒川川」ではこの時期、乱舞するホタルを見ることができ、イベントは今年で15回目となりました。この日は大勢の人たちが訪れ、川沿いを散策しながらホタルが舞う幻想的な様子を楽しんでいました。荒川川のホタルは来月初旬ごろまで見ることができそうだということです。

撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員、小島忠義さんでした。

2016年5月18日 (水)

出水 桂島の金毘羅祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

八代海に浮かぶ桂島で金毘羅宮の春祭りがありました。戦前は300人を超える人が住んでいましたが、いまは6世帯12人が暮らしています。祭りでは2人の「みこ」による舞が奉納されました。また金毘羅宮の下には恵比寿神社もあり、海の安全と大漁を祈願しました。この日は、島を出た人たちも祭りのために島に帰ってきて、島の料理を囲んで久しぶりの再開に話の花を咲かせていました。

撮影は出水市のふるさと特派員、吉海保さんでした。

2016年5月12日 (木)

種子島 移住祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

西之表市の柳原集落は、130年前の明治19年、甑島から移住してきた人たちが開拓してつくったといわれています。移住記念碑の前で行われた祭りには住民ら100人余りが参加し、線香を手向け、祖先たちの遺徳を偲びました。この後、5年ぶりに郷土芸能の「新地節」が披露されました。また敬老会も開かれ、集落の人たちは「先人たちの開拓精神を忘れずにがんばろう」と決意を新たにしたそうです。

撮影は種子島のふるさと特派員、西金男さんでした。

2016年5月 6日 (金)

たけのこで先生を歓迎

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市の皆与志小学校にこの春、赴任してきた先生たちの歓迎会がありました。5人の先生たちの前に置かれたのは、地域で採れたたけのこです。たけのこの皮むき競争が始まりました。むいても、むいても出てくる皮に先生たちは悪戦苦闘です。ようやくむき終わると会場にいた保護者や同僚の先生たちから大きな拍手がおきていました。このたけのこの皮むき歓迎会。子どもたちが、たけのこのようにすくすく育ってほしいという願いが込められているということです。

撮影は、鹿児島市のMBCふるさと特派員緒方義輝さんでした。

2016年5月 5日 (木)

棒踊りと狂言 日置市

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市東市来町養母の伊勢神社で5月1日、棒踊りが披露されました。地元で「チタッオドイ」と呼ばれるこの棒踊り。五穀豊穣や無病息災を祈って奉納されるもので、子どもたちも参加して一生懸命、踊っていました。このあと狂言も奉納され、境内を沸かせました。にぎやかな笑いに包まれた伊勢神社。

撮影は、日置市のMBCふるさと特派員、楠生恭二さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29