« 船こぎ祭り | メイン | 珍鳥ヤツガシラが飛来 »

2016年4月 4日 (月)

西之表 茶摘み

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

西之表市で一番茶の摘み取りが行われました。古田番屋峯地区は、種子島で最もお茶の栽培面積が広い地域です。100年ほど前からお茶の生産が始まりました。この日は朝から一番茶の収穫が始まり、6軒の農家からおよそ700キロのお茶が工場に持ち込まれました。収穫されたお茶は蒸し器にかけられ、いくつもの工程をへて種子島を代表するお茶「しまみどり」の製品ができあがりました。すっきりとした上品な味のお茶に仕上がったということです。また今年は静岡のお茶の生産業者が訪れ、お茶の品質向上の指導を受けました。

撮影は西之表市のふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31