« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

種子島初の源泉かけ流し温泉

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

種子島では初めてとなる源泉かけ流しの温泉施設「赤尾木の湯」が、西之表市に完成しました。これは地元の種子島あらきホテルが商店街と連携して建設したもので、経済産業省の商店街活性化事業に採択されました。地下およそ1500メートルまで掘削していて、41度前後の温泉を「源泉かけ流し」で楽しめます。撮影したおとといは報道関係者らに公開されたあと、招待された地元の人たちが訪れていました。赤尾木の湯はあすグランドオープンで、入浴料は種子島在住者は600円、島外の人は800円です。

撮影は西之表市のふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。

2016年2月25日 (木)

初午祭にむけポニー練習

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

今度の日曜日に霧島市にある鹿児島神宮で初午祭が行われます。当日は「鈴かけ馬」と呼ばれる鈴や飾りをつけた馬たちが太鼓や三味線に合わせて踊ります。この日は、神宮の近くで育てられている2頭のポニーの練習がありました。飼育している種子田町子さんによると2頭とも覚えが良く、今では音楽が鳴り出すと自然と踊りだすということです。祭りではポニー9頭を含む20頭の鈴かけ馬が踊りを披露します。

撮影は霧島市の湯之上昭さんでした。

2016年2月23日 (火)

昔遊びを楽しもう

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

伊佐市大口の大口小学校で昔遊びを楽しむイベントがありました。これは伝統的な子どもたちの遊びを市のレクリエーション協会の会員が先生になって小学生に伝えるもので毎年この時期に行われています。イベントには大口小学校の1年生86人が参加し、協会のスタッフの指導の下こままわしやお手玉、あやとりなどのほか和服を着て羽根つきも行われ子どもたちは昔ながらの遊びを大人たちとともに楽しみました。

撮影は伊佐市のMBCふるさと特派員 坂元克子さんでした。

2016年2月22日 (月)

皆房二月祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市皆与志町の諏訪神社でこのほど恒例の皆房二月祭が開かれました。祭りで奉納されたのは、地域に伝わる「棒踊り」です。400年以上前に島津義弘が若者たちを鍛錬しようと始めたのが由来とされており、先の大戦で一時、途絶えていたのが戦後、復活したものです。近年は少子化で担い手不足に悩まされているものの、今年も近くの団地の小学生などほかの地区の住民の協力も得ながら踊りを奉納することができたということです。

撮影は鹿児島市のふるさと特派員・堂福勝さんでした。

2016年2月20日 (土)

硫黄島 恋人岬展望台に2つの鐘

硫黄島の永良部崎にある恋人岬展望台に新しく希望の鐘と幸せの鐘が完成しました。式典が行われたこの日、地元の人たちがさっそく鳴らしてうれしそうな様子でした。

2つの鐘は幸せなカップルや観光客らが訪れる新たなスポットとして期待されています。

撮影は三島村のMBCふるさと特派員大町祐二さんでした。

2016年2月18日 (木)

志布志市でダゴ祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

志布志市の田之浦山宮神社で恒例のダゴ祭りがありました。ダゴ祭りは県内で最も早い春祭り行事ともいわれ無病息災や五穀豊穣などを祈願する祭りです。2メートルほどの長さの竹の先にわらを巻きつけそこに多くの団子の串を刺したダゴ花。串には米の粉で作った紅白のだんごやニンジンなどがさしてあります。今年は集落や小学校などで作られた10のダゴ花が用意されました。神事の後、彦舞や田の神舞などの「神舞」が披露されその後、観客らがダゴ花を奪い合いました。ダゴ花のダゴを食べると一年間健康に過ごせるということです。

撮影は志布志市のMBCふるさと特派員 米元育雄さんでした。

2016年2月17日 (水)

姶良市地域の豆まき

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市下名の竹細工工房でその年のえとのかぶり物などが登場する豆まきが行われています。今年で4回目となる豆まきの準備をしている柚木早智子さんです。夫の一徳さんと当日にむけて竹細工で鬼の棒と今年のえとのサルのかぶりものを作りました。本番では近くの福祉施設の高齢者や小学生らも参加し豆まきが行われました。夫の柚木一徳さんが挨拶したあと鬼やさるが現れると集まった人たちは鬼は外・福は内と声をかけながら豆をまいていました。

撮影は姶良市のMBCふるさと特派員 中馬清美さんでした。

2016年2月 9日 (火)

世代間交流餅つき 下甑町

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市下甑町の手打地区で世代を超えて交流しようという餅つき大会がありました。毎年恒例の行事で杵や臼を使って、子どもたちは大人たちに教えてもらいながら餅をつきました。そして、みんなで「あん」を餅に入れ、丸めてあんこ餅をつくりました。できあがると大人も子どもたちもおいしそうに食べていました。

撮影はMBCふるさと特派員・蔵野量夫さんでした。

「オッノコンボ」の製作風景

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

こちらは鹿児島市の工房です。照国神社の初市で見かける縁起物の小さな人形、「オッノコンボ」の製作風景です。県内ではここだけで作られていて、この日は鮫島金平さん、トシ子さん夫婦がひとつづつ丁寧に仕上げをしていました家に福が訪れるといわれるオッノコンボ。今月11日、13日、14日に開かれる照国神社で縁起初市で購入することができます。

撮影はMBCふるさと特派員・緒方義輝さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31