« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月16日 (水)

霧島神宮・新嘗祭&小学校のあいさつ運動

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

■霧島神宮で豊作に感謝する新嘗祭がありました。大勢の参拝客が訪れるなか様々な郷土芸能が披露されました。参拝客にはあま酒が振舞われ喜ばれていました。

撮影は霧島市のふるさと特派員・下登虎男さんでした。

■伊佐市菱刈にある全校児童82人の本城小学校の登校風景です。伊佐市では毎月13日に地域の大人たちが登校時に校門に並んで、子どもたちにあいさつをしています。いつもと少し違う朝の光景に、子どもたちの戸惑う姿も見られましたが、大人たちのあいさつに、子どもたちも元気にあいさつを返していました。

撮影は伊佐市のふるさと特派員・坂元克子さんでした。

2015年12月10日 (木)

70年ぶりの武者行列

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

湧水町の「栗野磨欲踊り」が、70年ぶりに復活しました。「栗野磨欲踊り」は1945年の終戦以来、途絶えていましたが、この日、秋祭りにあわせて「栗野磨欲踊り」の1つ、武者行列が登場しました。その歴史は、島津義弘が湧水町の松尾城にいた当時に遡るということです。地元の中学生や大人たちの勇壮な武者姿に、沿道の住民から拍手が送られていました。

撮影は、霧島市のMBCふるさと特派員・谷口範義さんでした。

しめ縄づくり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市の養護老人ホームいしき園では、正月用のしめ縄づくりが急ピッチで進められています。いしき園では10月末から週に5日、午前と午後に2時間ずつ、しめ縄づくりの作業が行われています。わらを選別してからたたいて編み、仕上げるまで全て手作業です。しめ縄は注文販売用で、家庭用の長さ2メートルのものから、市役所の玄関に飾る20メートルのものまで今年は430本を作る予定です。作業は今が大詰め。入園している方々も熱心に作業をしていました。

撮影は、鹿児島市のふるさと特派員・緒方義輝さんでした。

2015年12月 8日 (火)

伊作流鏑馬

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市吹上町にある大汝牟遅神社で、県の無形民俗文化財の伊作流鏑馬が奉納されました。およそ480年の伝統があるとされ、祝詞があげられ「あげ馬」と呼ばれる儀式が行われました。伊作流鏑馬は神社前の200メートルの馬場を、3つの的に矢を射ながら駆け抜けるもので、2頭の馬が3回ずつ行います。2人の射手の矢が的を射るたびに歓声が挙がっていました。

撮影は、鹿児島市のふるさと特派員・堂福勝さんでした。

2015年12月 3日 (木)

日置市で豊年まつり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市東市来町の上市来地区公民館で、恒例の「ふるさと豊年まつり」が開かれました。地区の活性化を目指して始まったイベントも今年で7回目です。会場の特設ステージでは、太鼓の演奏やダンスなど多彩な発表が行われたほか、地元の野菜や米、それに近くにある鹿児島城西高校の生徒たちが作ったお菓子なども販売され、人気を集めていました。この日は地区の外からも多く人が訪れ、地区の人たちとの交流を楽しんでいました。

撮影は、日置市のふるさと特派員・楠生恭二さんでした。

2015年12月 2日 (水)

黒糖づくり始まる

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

阿久根市脇本の松木製糖工場で、ことしの黒糖作りが始まりました。2日は、北薩地区で栽培されたサトウキビおよそ2トンを一本一本、しぼった後、汁を大きな釜で煮詰めました。甘い香りが漂う中、40分ほど煮詰めると黒糖の塊ができていました。この製糖工場では昔ながらの製法で67年間、黒糖を作り続けています。この製糖工場では今月16日まで黒糖を作る予定です。

撮影は、阿久根市のふるさと特派員・赤木仁一さんでした。

2015年12月 1日 (火)

姶良市まむし太鼓

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市の松原上地区を拠点に活動する「松原上まむし太鼓」が30周年を迎え、記念公演が行われました。松原上まむし太鼓は、「まむし神社」とも呼ばれる地元の八坂神社で最初に奉納演奏を行ったことからその名が付きました。今は小学生から社会人までおよそ20人が参加しており、公演のために週に3日、3時間から4時間ほどの練習を続けてきたということです。この日は2回の公演でオリジナル曲を含む15曲を披露。勇壮な太鼓の響きに観客は大いに盛り上がっていました。

撮影は、姶良市のふるさと特派員・村田俊毅さんでした。

シクラメン&ふるさと祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

きょうはさつま町と南種子町からです。

■シクラメンを栽培しているさつま町時吉の東花園でクリスマス用などの出荷の作業が進んでいます。様々な種類をおよそ8000鉢、栽培していてこの日は近くに住む人が正月に飾るシクラメンを楽しそうに品定めしていました。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員・新村則夫さんでした。

■南種子町で「ふるさと祭り」が開かれました。地元でとれた新鮮な農産物や水産物が販売されたほかマグロの解体ショーもあり盛り上がりました。様々なイベントのほか郷土芸能も披露され大勢の家族連れなどで賑わいました。
撮影は種子島のふるさと特派員・西金男さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31