« 2015年9月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

アロハフェスティバル

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

中種子町でアロハフェスティバルが開かれ華麗なフラダンスが披露されました。島の13のグループと鹿児島市の4グループが参加し5歳から76歳までの男女およそ200人がカラフルな衣装を身に着けて優雅に踊っていました。客席からは盛大な拍手が送られていました。

撮影は種子島のMBCふるさと特派員、西金男さんでした。

2015年10月28日 (水)

弓術 薩摩日置流

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

出水市で弓の流派のひとつ薩摩日置流の披露がありました。この日は、まず板の間から矢を射る様子が披露されました。その後、甲冑を身につけた男たちが、集団で矢を射る方法を披露しました。これは「腰矢」と呼ばれ、射手は、交互に矢を放ちながら敵陣に前進するというものです。

撮影は出水市のMBCふるさと特派員 吉海保さんでした。

2015年10月26日 (月)

種子島で秋季大祭が始まる

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

今年の豊作などを感謝する恒例の秋季大祭が南種子町島間の豊受神社で開かれました。島間には4つの集落があり、祭では1つの集落から2つの郷土芸能を奉納することになっています。神事が行われたあと源平合戦の物語の「弁慶」や親の敵討ちを描いた「長刀おどり」、腰にヒョウタンを下げて踊る「ひょうたん踊り」などさまざまな芸能が披露され、訪れた人たちは熱心に見ていました。

撮影は西之表市のMBCふるさと特派員 番山喜一郎さんでした。

2015年10月17日 (土)

幸福の木&霧島のコスモス

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

きょうは花の話題を2つお伝えします。

■一番上に白い花をつけたこの植物。姶良市の山口としえさんが18年前に長男の結婚記念に「幸福の木」として売られていた鉢を購入し、敷地に植えたものです。今では高さはおよそ5メートル。去年、初めて花を咲かせ、今年も先月、花を咲かせました。2年連続で「幸福の木」の花が咲き、家族みんなで喜んでいるということです。

撮影は姶良市のふるさと特派員・中馬清美さんでした。

■霧島の高千穂牧場に咲いたコスモスの花です。およそ10万本が植えられていますが、今年は例年よりやや早く花が咲き、今がほぼ満開、見ごろは今月いっぱいだということです。

撮影は霧島市のふるさと特派員・下登虎男さんでした。

2015年10月13日 (火)

甑島えび祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

下甑島の長浜でこのほど第1回「甑島えび祭り」が開かれました。会場には新鮮な魚介類が並び販売されました。中でも甑島の沖合いで獲れるタカエビは最近、観光客に人気があるということです。店頭ではタカエビを使ったフライや、エビラーメンも出され、訪れた人たちはおいしそうに食べていました。また長浜集落の郷土芸能「出羽踊り」も披露されたほか、魚のつかみ取り大会もあり賑わいました。

撮影は甑島のふるさと特派員 蔵野量さんでした。

2015年10月12日 (月)

吹上町 山神の響炎

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市吹上町永吉の山神の郷公園で「山神の響炎」がありました。これは永吉地区の住民らが毎年行っている農村に沢山のたいまつを灯し、秋の夜を楽しむ恒例のイベントです。午後6時、収穫期を迎えた田んぼや公園周辺で用意されたおよそ8000本のたいまつに一斉に火がともされると周辺は幻想的な雰囲気に包まれました。また会場では花火の打ち上げなどもあり観客は大いに沸きました。地域がたいまつの火に彩られた幻想的な祭り。

撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員 小島忠義さんでした。

2015年10月 8日 (木)

彼岸花まつり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市東郷町鳥丸で「彼岸花まつりin田の神ロード」がありました。大小合わせて10体の田の神像があることから田の神ロードと呼ばれるおよそ500メートルの県道を歩行者専用にしてヒガンバナの咲く時期に初めて開かれたものです。穴野地区の人たちは五穀豊穣を祈願する踊り「田の神踊り」を披露しました。また地元産の新鮮な野菜や加工品などが販売され人気を集めるなどにぎやかな一日となりました。

撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員 小島忠義さんでした。

2015年10月 5日 (月)

中種子町の小学校で運動会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

中種子町の星原小学校で運動会が開かれました。星原小学校は全校児童9人しかいません。このため運動会は地域の運動会と合同で行っています。運動会には60歳の還暦を迎える卒業生が参加します。この日、集まったのは30名。小学生との玉入れや中種子町の郷土踊りなどたくさんの種目に参加し楽しみました。また子どもたちは中種子町の郷土芸能である「ヤートセー」と呼ばれる踊りを披露しました。

撮影は西之表市ふるさと特派員番山喜一郎さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31