« 2015年7月 | メイン | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月18日 (火)

棒踊り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市牧園町で開かれた夏祭りで、子どもたちが「棒踊り」を披露しました。地元の三体小学校がこの「棒踊り」に取り組んでいて、福祉施設を訪問する際や運動会などで披露しています。この日は飛び入り参加の卒業生も加わって踊りました。観客から盛大な拍手が送られた棒踊り。次は来月の運動会で披露する予定だということです。撮影は霧島市のMBCふるさと特派員、谷口範義さんでした。

2015年8月13日 (木)

市来の七夕踊

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

いちき串木野市の大里地区で市来の七夕踊がありました。およそ400年の歴史を持つ市来の七夕踊は国の重要無形民俗文化財に指定されていて、豊作祈願や神様への感謝を込めて行われます。「つくいもん」と呼ばれる虎や牛などの大きな張り子が登場するのが特徴で、ユーモラスな仕草で暴れまわり観客を沸かせていました。このほか伝統の太鼓踊りなども披露されました。撮影は日置市のMBCふるさと特派員、楠生恭二さんでした。

2015年8月 7日 (金)

復活したそうめん流しにぎわう

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市東郷町の藤川天神から上流へおよそ3キロ入った山あいに「藤川天神峡そうめん流し」があります。そうめん流しはおととし30年余りの歴史に幕を下ろしましたが再開を望む声が多く、地元のスーパーが店を引き受ける形でこの夏、営業を再開しました。そうめん流しは標高300メートルの谷川が流れる場所にあり、訪れた人たちは涼風を感じ川のせせらぎの音を聞きながらおいしそうにそうめんを食べていました。

撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員小島忠義さんでした。

2015年8月 4日 (火)

クジラとイルカに遭遇

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

種子島・西之表市の安城小学校が、「漂流びん」を海に流しました。きのうは夏休みの出校日。子どもたちがメッセージを入れて準備していたたくさんの透明のびんを漁船に託しました。漁船には子どもたちを代表して船長の娘が乗り込み、黒潮が流れる海域で1本1本、海に流しました。そして、その帰りには…太平洋に大きなクジラが現れ、ゆうゆうと泳いでいました。さらに、イルカの群れも出現。漁船に乗っていた皆が感動した様子でした。

撮影は、西之表市のふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31