« 2014年11月 | メイン | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月26日 (金)

小学6年生記念の学級旗お披露目

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

串木野小学校では終業式の後、6年生が作った学級旗のお披露目がありました。旗は1組がヒマワリと虹にハッピーフレンド、2組は土星や地球にハッピネス、3組は一致団結と書くなど工夫を凝を凝らしたものになりました。旗は先月、市内にある老舗の染物店の協力を得て作られました。ここでは大漁旗や五月幟などを製作していて、学級旗は大漁旗と同じ方法で作られました。学級旗は卒業式まで教室に飾り、その後タイムカプセルに入れて8年後の成人式の日に再び披露するということです。
撮影はMBCふるさと特派員小島忠義さんでした。

2014年12月25日 (木)

サンタが家にやってきた

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南さつま市金峰町の阿多地区でクリスマスイブの24日夜、サンタクロースとトナカイが子どもたちの家々をたずねました。これは、南さつま市商工会青年部が子どもたちに夢をもってもらおうと企画したもので、応募した16件の家と保育園をまわってプレゼントを手渡すと子どもたちはうれしそうにしていました。
撮影は南さつま市のMBCふるさと特派員、安田伸一郎さんでした。

2014年12月23日 (火)

こだわりの黒糖作り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

中種子町の障害者自立支援施設「共生工房・猿蟹川」の人たちがこだわりの黒糖作りをしました。黒糖を作る時は不純物や灰汁を分離するため通常は石灰を入れますが、ここでは石灰を使わずに無添加で製造しています。前の日に収穫したサトウキビを圧縮機で絞ったあと釜に入れ、不純物や灰汁を丁寧に取り除きながら煮詰めていきます。石灰を使わないため手間がかかりますが、サトウキビ本来の味をより残せるということです。
撮影は西之表市のMBCふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。

2014年12月22日 (月)

湧水町オバッチョ踊り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

先月下旬、湧水町で町の農林商工祭が開かれ「オバッチョ踊り」が披露されました。「オバッチョ」とは、穀物の選別の際に使う農具の箕のことです。島津義弘が朝鮮出兵から帰国したときに、農民がありあわせの道具を持ち寄って踊ったのが始まりといわれているそうです。湧水町東中下場地区では郷土の伝統の踊りを次の世代につなごうと練習に励んできました。踊りでは「オバッチョ」をたたきながら体をひねったり跳ねたりしてユーモラスな仕草で会場を沸かせました。
撮影はMBCのふるさと特派員、谷口範義さんでした。

2014年12月19日 (金)

観光物産館オープン

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南種子町に地元の農産物などを販売する観光物産館「トンミー市場」がオープンしました。住民の交流や観光などに役立てようと南種子町がおよそ1億円をかけて建設したもので「トンミー市場」の「トンミー」は種子島の方言で友達を意味します。初日からたくさんの家族連れなどが詰めかけ、地元の新鮮な野菜や加工品などを買い求めていました。

撮影は種子島のMBCふるさと特派員、西金男さんでした。

2014年12月18日 (木)

カトリックの女子校でクリスマス

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

伊佐市にあるカトリックの女子校の大口明光学園で全校生徒が参加してクリスマスの行事がありました。厳かなキャンドルサービスや吹奏楽の演奏のほか「イエスの誕生」という劇も上演されました。そして、ラストは全員で「ハレルヤ」を力いっぱい歌いました。
撮影は霧島市のMBCふるさと特派員、谷口範義さんでした。

2014年12月17日 (水)

日置市・深固院祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市日吉町吉利で恒例の深固院祭りが行われました。この地で14世紀に深固院という寺を開いた石屋和尚の墓前で法要が行われたあと、棒踊りなどの郷土芸能が披露されました。石屋和尚には飢きんの際に落ちた穂を使って餅をつくり、醤油をかけて皆に食べさせたとの逸話があり、この地が「しんこ団子」の発祥の地といわれています。会場では地元の人たちがしんこ団子およそ2500本を販売し、訪れた人たちが行列を作って焼きたての団子を買い求めていました。
撮影は鹿児島市のふるさと特派員、緒方義輝さんでした。

2014年12月16日 (火)

竜宮文化フェスタ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市下甑町青瀬で竜宮文化フェスタが開催されました。フェスタではふるさと自慢の産業まつりが開かれたほか郷土芸能の公開イベントがあり、地域で古くから踊りつがれている青瀬ヤンハなどが披露され賑やかな文化祭となりました。またイベントの中ではバショウカジキの解体ショーもあり、その後、解体されたカジキの刺身が無料で振る舞われ訪れた人たちは新鮮な海の幸を堪能していました。地域の食文化や伝統芸能を盛り上げるまつり。
撮影は甑島のMBCふるさと特派員、蔵野量夫さんでした。

2014年12月12日 (金)

鹿児島市で破魔投げ大会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市の草牟田小学校で破魔投げ大会がありました。草牟田地域では昔から郷中教育で正月行事のひとつとして子どもたちが破魔投げをしていましたが最近は少なくなったということで伝統行事を保存しようと行われたものです。この日はおよそ200人の子どもたちとその親たちが集まり、ルール説明のあと木の棒で丸く切った木=ハマを打ち合いました。子どもたちは悪戦苦闘しながら伝統行事を楽しんでいました。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員堂福勝さんです。

2014年12月11日 (木)

大根干し

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南九州市頴娃町の冬の風物詩となっている大根の天日干しが今年も始まりました。大野岳のすそ野に一面に広がる畑では、竹のやぐらに吊るされたたくさんの大根が美しい光景を見せています。大根は寒風にさらすことで身が締まり甘味も増すということで、一週間から10日ほど干したあと漬物用に出荷されます。大根の天日干しはこれからが最盛期で来年2月まで続きます。
撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員、小島忠義さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29