« 2014年7月 | メイン | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月28日 (木)

鹿児島市で中国花火大会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市の伊敷団地で中国花火大会が行われました。この大会は、鹿児島市と友好都市の中国・長沙市の民間交流を深めようと行われているもので、今年で29回目の開催です。今年も30種類あまりの中国花火が次々に打ち上げられ、夜空を彩っていました。

撮影は鹿児島市のふるさと特派員・小谷真一さんでした。

2014年8月27日 (水)

歯科クリニックに鉄道ジオラマ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

精巧な鉄道のジオラマ。縮尺が22.5分の1の「Gゲージ」と呼ばれるドイツ製のものです。コインを入れれば30秒間動く仕組みです。置かれている場所は姶良市の歯科クリニックの待合室です。病院に来た子どもたちにコインを1枚ずつ渡すことで虫歯の治療を頑張ってもらおうと、およそ170万円をかけて今回、設置されたものです。この日は設置されたばかりのジオラマがお披露目され、訪れた子どもらが精巧なジオラマに見入っていました。

撮影は姶良市のふるさと特派員・中馬清美さんでした。

2014年8月26日 (火)

東郷人形浄瑠璃

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市東郷町でおよそ300年前から伝わる東郷文弥節人形浄瑠璃が上演されました。今回の演目は源氏の2人の武将の再会を描いた「卒塔婆引」。源義朝の墓の前で感情豊かに繰り広げられる伝統の人形劇に訪れた人たちは熱心に見入っていました。

撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員緒方義輝さんでした。

2014年8月25日 (月)

浮かぶ10円玉そのワケは

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

出水市で宙に浮かんだ10円玉が話題になっています。ハンドパワーで10円玉を宙に浮かべているのは出水市高尾野町江内の川﨑司さん(49)とその家族です。しかし浮かぶ10円玉をよく見ると、クモの糸が数本付着しているのが分かります。犯人は60センチ上にいる、体長2センチのクモと判明しました。しかし、川﨑さんはクモが10円玉をどのように見つけ、運んできたかは謎だと首をかしげます。台風の風や雨にも耐えて発見から1か月を過ぎた今もお金をつかんだ糸は切れそうな状態ではないということです。この宙に浮かぶ10円玉、何か御利益があるのではと、川﨑さん家族は静かに見守っているということです。
撮影は出水市のMBCふるさと特派員赤木仁一さんでした。

2014年8月23日 (土)

市比野で滝をライトアップ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市樋脇町市比野の藤本滝で、夜のライトアップが行われました。藤本地区コミュニティ協議会が地域活性化のため毎年実施しているもので、今年で6回目です。2段に分かれている滝は高さ26メートル、幅13メートル。ライト2基で照らされて闇夜に浮かびあがる幻想的な滝に見物客は見入っていました。今年のライトアップは地域住民が小水力発電機となる水車をつくり、LEDライトが足元を照らす工夫もされたということです。

撮影は、鹿児島市のふるさと特派員、堂福勝さんでした。

2014年8月21日 (木)

お盆の行事 石塔祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南種子町平山の広田集落でお盆の行事「石塔祭」が行われました。「石塔祭」は共同で祖先の霊をまつる「石塔」の前に集落の住民が集まって供養するもので町の文化財に指定されています。読経が行われる中、住民たちは祖先をしのび、持ち寄ったお供え物を竹で作った大棚と小棚に供え静かに手を合わせていました。最後に供え物の「マキ」と呼ばれるハナミョウガの葉にくるんで蒸した団子を食べながら帰省した人たちと話に花を咲かせていました。
撮影は種子島のMBCふるさと特派員、西金男さんでした。

2014年8月20日 (水)

江口浜でさつま揚げづくり体験

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

夏休みに入り、日置市東市来町の江口浜で行われたさつま揚げの手づくり体験。これは、いちき串木野市の日高水産加工が企画したもので、親子連れら80人が参加しました。参加者らはさつま揚げの原料となるアジやカワハギなどの魚をさばいた後、すり身づくりに挑戦しました。手でまるめて形を整え、170度の油で揚げると出来上がりです。参加者らは手作りのさつま揚げを、うどんに入れて味を楽しんでいました。 撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員、小島忠義さんでした。

2014年8月19日 (火)

カノコユリロード

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

甑島の夏を彩るカノコユリの花が今、見頃となっています。先月下旬頃から開花が始まり、島中のいたるところで咲き誇る花は訪れた観光客らを和ませています。下甑島の山の中腹の道路沿いに自生している花は今月下旬頃まで楽しめそうです。甘い香りが漂うカノコユリロード。
撮影は甑島のMBCふるさと特派員、蔵野量夫さんでした。

2014年8月18日 (月)

小学生がそば打ち体験

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市の農産加工センターで小学生らによるそば打ち体験教室が行われました。この日は19人の子どもたちが参加して水加減などを調整しながらボールに入れたそば粉をこねました。中にはそば打ちは初めてという子もおり、慣れない手つきながらも懸命に挑戦していました。そばを包丁で切ると大きな釜でゆでて調理。そばが完成すると子どもたちは別に作ったチラシ寿司と一緒においしそうに食べていました。夏休みの子どもたちにとってよい思い出となったようです。
撮影は姶良市のふるさと特派員・村田俊毅さんでした。

2014年8月15日 (金)

南九州市田んぼアート

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南九州市田部田の水田に出現したのは色の違うイネを植えて絵を描く「田んぼアート」です。地元の有志がまちおこしの一環として行っているもので、6月末に、住民およそ250人が手作業で7種類の苗を植え、制作しました。4回目となる今年のテーマは「世界平和」。観音様や南九州市のキャラクター、お茶ムライなどが描かれています。水田の横にはおよそ9メートルの高さのやぐらも設置され、訪れた人たちがその眺めを楽しんでいました。この田んぼアート、そろそろイネの穂が出る時期を迎え、色の変化も楽しめるということです。撮影は南さつま市のふるさと特派員、安田伸一郎さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31