« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

ブルーベリー収穫体験

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市犬迫町の都市農業センターで、ブルーベリーの収穫体験が行われました。センターにはおよそ260本のブルーベリーが植えられており、7月中旬から8月中旬にかけて収穫の時期を迎えます。親子連れなどが参加して木になった実をひとつひとつ手で摘み、時に味見をしながら収穫を楽しんでいました。都市農業センターでは8月は、お盆の3日間以外の天候の良い日は無料で収穫体験を行う予定ですが、実がなくなり次第終了するので早めの参加を呼びかけています。
撮影は鹿児島市のふるさと特派員・堂福勝さんでした。

2014年7月29日 (火)

ミュージカル発表会&種子島で合唱祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

来月、霧島市で上演される市民参加型のミュージカルの発表会がありました。霧島市民7人が現代から大隅国が建国された奈良時代などをタイムスリップする物語で、発表会では出演する市民らが一部のシーンを演じ意気込みを見せました。ミュージカル、「大隅浪漫・1300年の時空を超えて」は来月8日と9日、霧島市国分の霧島市民会館で上演されます。撮影は霧島市のMBCふるさと特派員、谷口範義さんでした。
中種子町で「種子島地区合唱祭」が開かれました。2年おきに開かれる合唱祭で種子島の1市2町をそれぞれ代表して出場した3つのコーラスグループが美しい歌声を披露しました。また、中種子町の子どもコーラスグループも出演し観客が聞き入っていました。撮影は種子島のMBCふるさと特派員、西金男さんでした。

2014年7月28日 (月)

甑島で手打湾横断遠泳大会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市下甑町で手打湾の1.3キロを横断する遠泳大会が開かれました。参加したのは地元の海陽中学校の全校生徒28人です。美しい海岸線が広がる手打浜には地元の人たちや手打小学校の児童たちが応援に駆けつけ大きな声で声援を送っていました。
撮影は甑島のMBCふるさと特派員、蔵野量夫さんでした。

2014年7月26日 (土)

さのぼり祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

さつま町の永野地区で田植えのあとの労をねぎらう「さのぼり祭り」がありました。
祭りでは西郷さんと田の神さまに扮した男女が田んぼを見回り、集落の田の神さまにお神酒をささげて豊作を祈願しました。そして集会所に集落の人たちが集まり、田の神さまを招いてにぎやかな宴が開かれました。田の神さまには、地元特産の「薩摩西郷梅」や煮つけなどが振舞われ、集まった人たちは楽しいひと時を過ごしました。

撮影はMBCふるさと特派員、吉海保さんでした。

ハマボウ満開

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薄い黄色の花をつけるハマボウ。南さつま市加世田の万之瀬川河口にはハマボウの群落があり、1000株ほどがかれんな花を咲かせています。万之瀬川河口のハマボウの群落と干潟の生物は国の天然記念物にも指定されています。干潟ではハクセンシオマネキがハサミをふる仕草も見られるということです。
撮影はMBCふるさと特派員、緒方義輝さんでした。

2014年7月24日 (木)

西之表 国上小・古田小遠泳

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

西之表市にある国上小学校と古田小学校の児童が市内の浦田湾でこのほど横断遠泳をしました。遠泳は毎年この時期に行われているもので23回目の今年参加したのは、いずれも4年生以上で国上小の35人と古田小の14人のあわせて49人。漁港から海水浴場までのおよそ1.2キロを泳ぎます。子どもたちは元気いっぱいの掛け声とともに力強い泳ぎを見せ、沿岸から保護者らの声援などを受け、およそ1時間かけて全員泳ぎきりました。2つの小学校の子どもたちが元気に泳いだ遠泳大会。
撮影は西之表市のMBCふるさと特派員西金男さんでした。

2014年7月23日 (水)

姶良市で草刈&甑島の花

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市下名を流れる山田川沿いで、住民らによる草刈り作業が行われました。20年前から毎年、行われているもので地元の自治会や福祉施設などのおよそ30人が、午前6時半からおよそ1時間、川沿いの土手などの草を刈りました。川沿いがきれいになり、参加した住民たちも喜んでいる様子でした。撮影は姶良市のふるさと特派員・中馬清美さんでした。
薩摩川内市の下甑島からは、花の話題が届きました。島に自生しているニシノハマカンゾウの花です。ユリ科の黄色い花で、下甑島の北端に位置する鳥ノ巣山展望所に群生しています。この映像は今月上旬に撮影したもので、今は花のピークは過ぎてしまったということですが、この場所では現在、自生するカノコユリが見ごろを迎えているということです。撮影は甑島のふるさと特派員・藏野量夫さんでした。

2014年7月22日 (火)

102歳の書画展

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

湧水町川西に住む黒木司さんは明治45年生まれの102歳です。これまでに描いてきた書画の個展が湧水町の「いきいきセンターくりの郷」で開かれました。黒木さんは旧国鉄に勤務している時から80年間にわたって書画に親しんできました。会場には富士山や鶏の水墨画や書など53点がこれまでの集大成として展示されています。今もグラウンドゴルフが大好きだという黒木さん。
撮影は霧島市のMBCふるさと特派員谷口範義さんでした。

2014年7月21日 (月)

安納いもの話題

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

種子島高校で生徒たちが無菌室で育てた「安納こがね」など3種類の「バイオ苗」と呼ばれる苗の引き渡し式がありました。生物生産科の生徒たちが育てた「バイオ苗」はJAを通じて各地域の農家に配給されています。また、西之表市では安納いもを使ったスイーツの試食会が開かれました。市内にある12の店が開発したスイーツは安納いもにパッションフルーツやクリームチーズなどを組み合わせたものです。スイーツは今月24日から各店で提供され、アンケートをとってグランプリを決めるということです。
撮影はMBCふるさと特派員番山喜一郎さんと西金男さんでした。

2014年7月18日 (金)

大漁旗づくり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

漁業の町、いちき串木野市の亀崎染工では昔ながらの手作業で大漁旗をつくり、県の伝統的工芸品に指定されています。特徴のカラフルなデザインはまず、下絵に糊付けした後、反りを防ぐために砂を散らします。糊と砂が固まると絵柄に沿った枠ができ、この枠ごとに10種類ほどの顔料を使って色を塗り分けます。そして、乾燥させた後、水洗いして糊を落とします。その後、天日干しすると見事な大漁旗が仕上がります。
撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員小島忠義さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31