« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月29日 (木)

修学旅行生が無人島でサルに差し入れ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

兵庫県姫路市の夢前中学校3年の修学旅行生たちがいちき串木野市で民泊をしながら無人島の沖ノ島に住むサルたちと交流しました。生徒たちはおよそ30匹の野生のサルにみかんやキャベツ、パンくずなどのえさをプレゼント。サルたちはおいしそうに食べていました。民泊しながらチリメンジャコの天日干しや魚のさばき方なども学んだ修学旅行生たち。
撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員小島忠義さんでした。

2014年5月28日 (水)

コブハクチョウのヒナ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

伊佐市菱刈を流れる川内川の湯之尾滝の上流にいるのは、コブハクチョウのヒナです。この場所には去年から2羽のコブハクチョウが住み着き、今月7日に4羽のヒナが卵からかえりました。映像はその2日後の今月9日のものです。実は去年は7羽のヒナが誕生しましたが、滝に落ちるなどして全て死んでしまいました。今年もこれまでに4羽のうち1羽が死んでしまい、残る3羽には何とか成長してほしいと、現在、近くの住民が滝から離れた場所で世話しているそうです。
撮影は伊佐市のふるさと特派員、坂元克子さんでした。

2014年5月26日 (月)

種子島カップヨットレース

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

毎年恒例の種子島カップヨットレースが開かれました。8回目となる今年は地元や東京、大阪などから15隻のヨットが出場し、火縄銃の号砲で種子島の西之表港をスタートしました。コースは大隅海峡を横断して指宿市の山川港までのおよそ60キロです。西之表港の周辺にはたくさんの市民が詰め掛けて声援を送っていました。ヨットは外洋の荒波や強風に悩まされながらも15隻全てが3時間から5時間かけてゴールしたということです。
撮影は種子島のMBCふるさと特派員西金男さんでした。

2014年5月22日 (木)

チタッオドイ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市東市来町養母の伊勢神社で「ついたちおどり」という意味の伝統芸能「チタッオドイ」がありました。神社の境内では、養母地区の4つの集落が小中学生も交えて棒踊りを披露しました。また、水戸黄門が伊勢神社詣りをしたという設定の「庭狂言」もあり境内は笑いに包まれていました。
撮影は、日置市のMBCふるさと特派員、楠生恭二さんでした。

2014年5月21日 (水)

沖永良部で海開き

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

和泊町畦布のワンジョ海水浴場では先月、沖永良部島観光連盟主催の海開きが行われました。海の安全を祈願する神事を前に、バナナボートなどのマリンスポーツに、子供たちの長蛇の列が出来ました。また、ステージでは沖縄の伝統芸能エイサーをベースにした「琉球國祭り太鼓」による演技や踊りなどが披露され、会場を盛り上げたほか、砂浜には全長150メートルの巨大そうめん流しが設置され人気を集めていました。
撮影は、和泊町のMBCふるさと特派員嶺元眞之助さんでした。

2014年5月20日 (火)

甲突池まつり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市を流れる甲突川の源流である「甲突池」は、旧郡山町の八重山の中腹にあります。環境省が選定した「平成の名水百選」に選ばれ、その湧き水は「穣の水」と呼ばれています。まつりでは地域の人たちが水への感謝と五穀豊穣を祈願しました。そして保育園児が扮する「てんがらもん」が登場しました。「てんがらもん」は天狗と甲突池の河童の子どもいわれていて、「お父さん天狗」や「河童」と一緒に踊りを奉納しました。また郡山太鼓が披露され息の合った演奏に大きな拍手が送られていました。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員、堂福勝さんでした。

2014年5月17日 (土)

吉野兵六ゆめまつり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市吉野町で住民の交流を深めてまちの活性化につなげようと「吉野兵六ゆめまつり」が開かれました。吉野を舞台にした民話の「大石兵六夢物語」にちなんで毎年開かれています。兵六ゆめものがたりの狂言や紙芝居が披露されたほか子どもから大人まで様々なグループが出場し、踊りや太鼓、歌などでにぎわいました。撮影は、鹿児島市のMBCふるさと特派員小島忠徳さんでした。

2014年5月14日 (水)

露地ものびわ収穫始まる

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

阿久根市脇本の小漉集落では今年も露地ものの、びわの収穫が始まりました。11戸あるびわ農家のひとり、山平悟さんによりますと、今年の収穫は、寒さの影響で例年より10日ほど遅れましたが、実の色つきも良く、おいしいびわが出来たということです。今年も、1キロ入りの箱で、5000箱の出荷を予定しています。一方で、農家は、タヌキやカラスなどにびわを食い荒らされる対策に苦労していると話していました。
撮影は、出水市のMBCふるさと特派員の吉海保さんでした。

2014年5月13日 (火)

みどりの感謝祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市の県民の森でみどりの感謝祭が開かれました。これは子どもたちに森や緑に親しんでもらおうと毎年開かれているものです。会場には竹を使った紙作り体験やロープを使って木の枝に上り下りする木登り教室、丸太をノコギリで切って決められた重さの範囲におさめられるかどうか競う丸太切り競争など、さまざまな体験コーナーが設けられ子どもたちは熱心に取り組んでいました。子どもたちは体験イベントをとおして森や自然の大切さを体感しました。
撮影は姶良市のMBCふるさと特派員、村田俊毅さんでした。

ユニーク歓迎会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市の皆与志小学校でこの春赴任してきた先生の歓迎会が開かれ、6人の先生たちが大きなタケノコの皮むき競争に挑戦しました。むいてもむいても出てくる皮に悪戦苦闘の先生たち。ようやくむきおわると、大きな拍手が送られていました。子どもたちをタケノコのようにすくすくと育てて欲しいという願いを込めたこの歓迎行事。撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員緒方義輝さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31