« 2014年3月 | メイン | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

西之表港ににっぽん丸寄港

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

種子島の西之表港に入港した豪華クルーズ船にっぽん丸です。全長166・6メートル、総トン数2万2472トン、部屋数202室で乗客の最大定員は524人です。今回の入港は今月25日に東京を出発したゴールデンウィーク日本一周の旅の途中で種子島に寄ったものです。歓迎セレモニーは小雨が降るあいにくの空模様でしたが乗船客は鉄砲太鼓の歓迎を受けその後、5台の観光バスに乗り込み、種子島の一日観光に向かいました。にっぽん丸は種子島を出航した後日本海を北上し、来月6日に東京に戻る予定です。
撮影は西之表市のMBCふるさと特派員番山喜一郎さんでした。

2014年4月29日 (火)

タケノコ掘り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市の皆与志小学校の子どもたちと保護者、先生たちでタケノコ堀りをしました。学校の近くに保護者が所有する竹林があり、この日はおよそ80人が参加しました。初めてタケノコを掘る子どもたちも多く、鍬を使ってコツを教わりながら挑戦していました。悪戦苦闘しながらようやくタケノコを掘り出すと、拍手や歓声が上がりました。およそ1時間で100本近い収穫があり、子どもたちは大事そうに持ち帰っていました。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員、緒方義輝さんでした。

2014年4月28日 (月)

たじまどん

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市吹上町の大汝牟遅神社で豊作や無病息災を祈願する「たじまどん」が行われました。境内の一角を田んぼに見立てて田おこしなどの農作業をおもしろおかしく演じます。田を耕すはずの牛が見物客に砂をかけたり子どもをつかまえたりと大暴れ。見物客らも対抗して牛に向かってヤツデの実を竹の筒で吹き飛ばしていました。また、食べると病気をしないとされる「トッノコ」と呼ばれる小さなおにぎりが振舞われ、みなさん、おいしそうに食べていました。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員、堂福勝さんでした。

2014年4月23日 (水)

小学生が砂像作り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

来月2日から南さつま市金峰町で開かれる、「吹上浜砂の祭典」の会場で小学生と中学生、およそ300人が砂の像を制作するコンテストに参加しました。1チーム5人で砂の像を作り始めた子どもたち。スコップやヘラなどを上手に使いながら、固めた砂を丁寧に掘っていきます。中には本格的に設計図を見ながら作る子供たちもいます。慣れない作業に最初は悪戦苦闘していた子どもたちでしたが、思い思いの像が出来上がってくると満足そうな様子でした子供たちが作った砂の像は来月2日から始まる「吹上浜砂の祭典」の期間中、会場に展示されます。
撮影は南さつま市ふるさと特派員安田伸一郎さんでした。

2014年4月22日 (火)

新1年生の防犯教室

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

長島町の蔵之元小学校で、防犯教室が開かれました。この春入学した1年生15人を対象に、阿久根警察署の警察官が「ボンタン刑事とマンダリン巡査の防犯教室」と題して紙人形劇を披露。防犯の合言葉「いかのおすし」の説明に、子どもたちは目を丸くして聞き入っていました。
撮影は阿久根市のMBCふるさと特派員、赤木仁一さんでした。

田の神戻し

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市祁答院町の藺牟田地区で「田の神さあ」を引っ越しさせる伝統行事「田の神戻し」がありました。新森隼夫さんの家で一年間預かっていた「田の神さあ」はきれいに化粧され、顔をススで真っ黒にした男たちがかつぐかごに乗って引っ越しです。にぎやかに踊りも披露されました。音アップQV集まった観衆にもススを塗りつけ、豊作を祈った「田の神戻し」。

撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員。松尾利治さんでした。

2014年4月19日 (土)

五月幟の制作

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

端午の節句を前にこいのぼりと共に飾る五月幟の制作がいちき串木野市の亀崎染工で行われています。絵付けはおよそ20種類の色を使って塗り分けていきます。絵柄は桃太郎や加藤清正、牛若丸などのほか、のぼり龍などの新作もあります。色づけされた幟は春風に吹かれながら天日干しされます。
撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員、小島忠義さんでした。

2014年4月17日 (木)

姶良市蒲生のシバザクラ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

蒲生町白男にある民家のシバザクラが満開です。このシバザクラ、徳重次夫さん、キクさん夫婦が、7年前に知人からシバザクラの苗10本をもらったのがきっかけで育て始めたということです。毎年、株を増やし続けて今では庭一面が花で覆われるようになりました。次夫さんは先ごろ亡くなりましたが、息子の初男さん夫婦が花の管理を続けています。庭は訪れる人に開放していて、この日も多くの人たちが訪れていました。シバザクラはあとしばらくは楽しめそうだということです。
撮影はMBCふるさと特派員の村田俊毅さんでした。

2014年4月15日 (火)

高速船 甑島 体験乗船会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市の川内港と甑島を結ぶ新しい航路に今月就航した「高速船・甑島」の体験乗船会が下甑島でありました。地元の住民らを乗せて長浜港を出港し、およそ20分間の運航は波の高さがおよそ2・5メートルの中で行われましたが、横揺れなどもなく快適な乗り心地でした。美しいデザインの内装など、乗船した人たちは感激した様子でした。生活航路や観光などの面で地域活性化への期待を集める高速船甑島。
撮影は甑島のMBCふるさと特派員、藏野量夫さんでした。

2014年4月14日 (月)

船こぎ祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市吹上町の船木神社で航海の安全や五穀豊穣を祈る「船こぎ祭り」が今年も盛大に行われました。220年ほどの伝統を持つこの「船こぎ祭り」。神事のあと、およそ30人の氏子たちが神社に伝わる大小50隻の模型の船を「エンヤオーエンヤオー」の掛け声に合わせて大きく揺らし、隣の人に手渡していきます。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員、緒方義輝さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31