« 2014年2月 | メイン | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月28日 (金)

荒田八幡で初午祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市の荒田八幡宮で春の風物詩、「初午祭」が行われました。荒田八幡宮は霧島市の鹿児島神宮の分社という縁もあり、10数年前から毎年、初午祭を行っています。この日は境内で色鮮やかな花飾りや鈴をつけたポニーがお囃子にあわせ、軽快な馬踊りを奉納しました。また、太鼓なども披露され、訪れた人たちから大きな拍手がおくられていました。
撮影は鹿児島市のふるさと特派員・堂福勝さんでした。

2014年3月27日 (木)

あいら福祉まつり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

蒲生郷太鼓坊主の演奏で始まった「あいら福祉まつり」。姶良市の蒲生公民館には大勢の市民が集まり福祉関係の表彰や学生の作文発表などが行われました。また、認知症の介護をテーマにした寸劇が行われ霧島市内の福祉施設や市役所職員らが結成した劇団「たけちゃん一座」が笑いあり、涙ありの劇を披露しました。
撮影は姶良市のMBCふるさと特派員、村田俊毅さんでした。

2014年3月24日 (月)

菜の花とななつ星

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市霧島大窪の日豊本線沿いの水田に植えられている菜の花が今年も満開の時期を迎えました。お母さんと一緒に訪れた子どもたちがたくさんの菜の花に囲まれて楽しそうに遊んでいました。去年10月に運行が始まったJR九州の豪華寝台列車「ななつ星」も菜の花との美しいコントラストを見せています。
撮影は霧島市のMBCふるさと特派員、下登虎男さんでした。

2014年3月21日 (金)

手作りのひな飾り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

伊佐市大口で、ひな飾りや「下げもの」を楽しみながら手作りする集まりがありました。針持地区コミュニティーセンターで、地元の女性たちのグループ「いきいきサロン悠遊」が取り組んだものです。参加者は、ひな人形や飾りつけの「下げもの」を1つひとつ丁寧に作り、会場は華やかで和やかな雰囲気に包まれました。県内各地から見に来た人も多かったというたくさんのひな人形と飾りつけ。
撮影は姶良市のMBCふるさと特派員、中馬清美さんでした。

2014年3月20日 (木)

種子島で早くも茶摘み

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

西之表市古田の番屋峰地区でおととい(18日)一番茶の摘み取りが行われました。種子島茶生産組合では番屋峰地区のおよそ70ヘクタールで、16戸の農家が茶を生産しています。今年は2月の気温が高かったことから去年より3日早い一番茶の摘み取りとなりました。組合では去年の200トンを上回る生産を目指しています。
撮影は西之表市のMBCふるさと特派員番山喜一郎さんでした。

2014年3月17日 (月)

英語と鹿児島弁の劇

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市のはなぶさ幼稚園の発表会で行われたのは園児たちによる英語と鹿児島弁の劇「狼と七匹の子ヤギ」です。子どもたちは英語と鹿児島弁を使って一生懸命、演じます。幼い子どもたちが鹿児島弁でせりふを言うと会場から大きな笑い声が起きました。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員小谷真一さんでした。

2014年3月12日 (水)

クロツラヘラサギ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市の干拓地で先月28日に撮影したクロツラヘラサギの映像です。クロツラヘラサギはトキ科の野鳥で環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されています。越冬のため飛来しているものでヘラのような長いクチバシを左右に振りながら魚やカニ、エビなどを食べます。県立博物館によりますと県内では姶良市のほか、出水平野や南さつま市の万之瀬川などにも飛来することがあるということで、今月下旬から来月にかけて朝鮮半島方面などへの北帰行が始まるということです。
撮影は鹿児島市のふるさと特派員、出籠道夫さんでした。

2014年3月 6日 (木)

おんけ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南さつま市大浦町の大木場集落では、先月11日に「おんけ」と呼ばれるお伊勢講がありました。これは花嫁姿に扮した男性と住民の一行が集落を練り歩くもので、「おんけ」とは伊勢神宮から持ち帰ったご神体の「お迎え」という言葉がなまったものといわれています。ご神体を持った花嫁=「よめじょ」の一行が歩き始めると、仮装した住民たち=「おんけ」が次々に現れました。そして柴の葉で、花嫁や見物客を撫で回しながら無病息災を願いました。
撮影は鹿児島市のふるさと特派員、緒方義輝さんでした。

2014年3月 5日 (水)

武家屋敷でひな祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩の小京都と呼ばれる南九州市知覧町の武家屋敷などで今、「ひなまつり」が開かれています。西郷恵一郎さんの屋敷には15段の豪華なひな飾りがお目見えし、たくさんの人が訪れています。この前の土、日にはひなづくりの無料体験が行われたほか、鎧兜の無料試着体験も行われ、訪れた人たちが挑戦していました。「知覧のひなまつり」は今月16日まで武家屋敷や商店街の富屋食堂などで開かれています。
撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員小島忠義さんでした

2014年3月 4日 (火)

皆房二月祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市皆与志町の諏訪神社で恒例の「皆房二月祭」が行われ、五穀豊穣、無病息災を祈願する皆房棒踊りが奉納されました。この棒踊りは江戸時代の初めから伝わっているということです。この後、地域の公民館で皆与志養護園の人たちが迫力のある「みなよし太鼓」を披露しました。祭が大好きだというお年寄りが、太鼓に合わせて踊るなどし親睦を深めていました。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員堂福勝さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31