« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

小学生が栽培した桜島大根

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市の中央卸売市場青果市場でせりに出されたのは、市内の6つの小学校の児童が総合的学習で栽培した桜島大根です。せり場には前日に収穫された桜島大根が並べられ児童たちはせり人に対して大きな声でアピールしていました。大根には児童が書いたメッセージが添えられており石谷小学校によりますと消費者から返事が届いたということです。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員松尾利治さんでした。

2014年1月29日 (水)

出水市で消防出初め式

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

出水市で消防職員や市内13の分団の団員など475人が参加して、消防出初め式が行われました。米ノ津川の川岸では消防車31台による放水が行われ、集まった多くの市民が色とりどりの水が宙を彩る様子に見入っていました。 撮影は出水市のふるさと特派員・吉海保さんでした。
撮影は出水市のふるさと特派員・吉海保さんでした。

2014年1月28日 (火)

北海道の中学生と交流

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市は北海道の弟子屈町と姉妹都市盟約を結んでおり1990年からお互いに中学生を派遣する交流を続けています。今年は、弟子屈町から2つの中学校が日置市を訪れこのうち川湯中学校の生徒2人と引率の教諭2人は日置市の上市来中学校の生徒たちと交流しました。お互いの学校やまちの紹介をしたあと、一緒に鹿児島の「茶わんむしの歌」を歌うなどして楽しみました。この中学生交流。来年は日置市の中学生が弟子屈町を訪れます。
撮影は、鹿児島市のMBCふるさと特派員小島忠徳さんでした。

氷の祭典

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

冷え込みが厳しく「鹿児島の北海道」とも言われる伊佐市で冬の風物詩となっているのが「氷の祭典」です。おとといときのうの2日間、伊佐市文化会館前の広場で行われ13のグループが参加して氷の彫刻に挑みました。会場には、大勢の人たちが訪れ電動ノコギリなどで削られ次第に形を表わしていく氷の彫刻を楽しんでいました。また、会場の階段を利用して作った長さ50メートルの「氷の滑り台」は子どもたちに大人気でした。
撮影は霧島市のMBCふるさと特派員、谷口範義さんでした。

2014年1月25日 (土)

かせだうち

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

「かせだうち」が行われたのは鹿児島市の皆与志上あいご会です。いろんなお面をつけた小中学生の福の神が町内の家々を回ります。訪れた福の神を家の中に入れると福の神はごそごそとはいまわります。こうすることによって家の中を清め今年1年の五穀豊穣や無病息災を祈るんだそうです。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員、緒方義輝さんでした。

2014年1月23日 (木)

種子島の正月行事

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

西之表市の栖林神社で直径およそ175センチの大的に矢を放って島内の平安や無病息災を祈願する「大的始め式」がありました。これは500年以上前から受け継がれている伝統行事で松明の明かりの中、射手が合わせて36本の矢を放ちます。35本までの矢が的中したあと、「満つれば欠くる」の戒めに従い、最後の1本は故意に外されます。このあと観客は大的を破いて家に持ち帰り家内安全を願います。 種子島では昭和の末まで蚕の栽培をしていたことから、蚕の豊作を祈る伝統行事が残されています。これは、西之表市住吉の浜之町で行われた「このみやじょう」です。子どもたちが家々を回り棒で地面を突きながら歌を歌ってその家に幸せが舞い込むよう祈ります。家には蚕の繭に似せた飾りが立てられています。 一方、南種子町平山の浜田集落で行われた「蚕の舞」=「かーごまー」です。白頭巾をかぶり着物姿で女装した男性が手踊りで優雅な舞を披露し家内安全を祈りました。 撮影はいずれも西之表市のMBCふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。

2014年1月22日 (水)

甑島で鬼火たき

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

下甑島の手打集落で毎年恒例の鬼火たきが行われました。地元の子どもたちが集落の家々をまわって集めた門松などの正月飾りは、竹のやぐらとともに勢いよく燃え上がり、集落の人たちは子どもたちの無病息災を祈りました。この日は、小雨が降るあいにくの天気でしたが、子どもたちは凧揚げをして楽しんだり、自治会の公民館ではぜんざい会も行われ、集落の人たちは楽しいひと時を過ごしたということです。
撮影は下甑島のふるさと特派員蔵野量夫さんでした。

2014年1月21日 (火)

たこ揚げ大会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市からたこ揚げ大会の話題です。たこ揚げ大会は鹿児島市の健康の森公園で開かれました。会場には親子連れなど大勢の人が集まり、思い思いにたこ揚げを楽しみました。この日は天気には恵まれましたが、風はあまりなく参加者はひたすら走ってたこをあげていました。そのような中、大だこや立体だこが空にあがると周りから歓声があがっていました。いろんなたこがあげられましたが、特に鳥の形をしたたこは本物の鳥が空を舞っているようでした。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員堂福勝さんでした。

2014年1月20日 (月)

お魚祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南種子町でお魚祭が開かれ、多くの人でにぎわいました。日ごろの水産物の消費に感謝して南種子町漁協が開いたもので、新鮮な魚や加工品が格安で販売されました。また、特産のアサヒガニが一匹、丸ごと入った味噌汁が無料で配られ、みんなおいしそうに食べていました。このほか魚のつかみ取り大会もあり、子どもたちが歓声を上げていました。
撮影は種子島のMBCふるさと特派員、西金男さんでした。

2014年1月16日 (木)

姶良市で鬼火たき

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市を流れる別府川の河川敷で今月11日、東餅田東自治会による恒例の鬼火たきが行われました。竹で作られた大きな矢倉の周りには各家々に飾られたしめ縄や門松などの正月飾りが置かれ、午後6時、今年の年男・年女17人が矢倉を囲み点火。この日は風もなく、矢倉はあっという間に燃え上がりました。今年1年の無病息災を願いながら鬼火にあたる集落の人たち。

撮影は姶良市のふるさと特派員、中馬清美さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31