« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

ロボット制御講習会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市で中学生がロボットに挑戦です。鹿児島市の鹿児島情報高校で行われたロボットの制御についての講習会。これは、今年度から中学校の技術・家庭科で「プログラムによる計測と制御」の授業が盛り込まれるようになったことを受けて行われたもので、中学生と中学校の教諭合わせて30人が参加しました。生徒らは、ロボットの仕組みや制御の方法などについて学んだあと、実際にプログラムを入力してロボットの動きを確認していました。

撮影は、鹿児島市のMBCふるさと特派員、小島忠徳さんでした。

2012年5月26日 (土)

小学校の新校舎落成

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

美しい棚田で知られる湧水町幸田地区の幸田小学校に新しい校舎が完成しました。
広々とした教室にはスギやヒノキなどの木材がふんだんに使われ、木の香りが漂っています。また教室は廊下との境がないオープン教室でゆったりとした環境で勉強できるようになっています。落成式では36人の児童たちが歌を歌って新しい校舎の完成を祝いました。

撮影は、霧島市のMBCふるさと特派員・谷口範義さんでした。

2012年5月23日 (水)

唐浜砂丘ラッキョウ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市で特産の唐浜砂丘ラッキョウの収穫が始まりました。海岸地帯の砂地で生産されるラッキョウはシャキシャキとした品質が好評で、2004年に、国の生産振興特区に指定されています。収穫が始まった農場ではトラクターを使って毎日、作業に追われています。収穫したラッキョウは根や葉をきれいに切り落とし、JA北さつま川内の選果場に運ばれます。ここで皮むき機にかけて形を整えた後、東京や北九州などに出荷されます。

撮影は、いちき串木野市のMBCふるさと特派員、小島忠義さんでした。

2012年5月18日 (金)

届け!漂流びん

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

西之表市の安城小学校の子どもたちが、黒潮に思いを託して流す漂流びんを作りました。明治時代に種子島に難破したアメリカのカシミア号を救助した歴史にちなんで、40年前から続けられているこの漂流びん作り。メッセージや返信用はがきをビールびんに入れて親子で36本を作りました。漂流びんは児童らが見送る中、安城漁港から船で沖合いに運ばれ、黒潮に乗せて流されました。これまで合わせて3880本が流され、アメリカなどから130通の返信があったということです。

撮影は、西之表市のMBCふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。

2012年5月17日 (木)

チタッオドイ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市の神社で奉納された「チタッオドイ」です。日置市東市来町養母の伊勢神社で行われる「チタッオドイ」。「ついたちおどり」という意味で、以前は旧暦の6月1日に行われていましたが最近は第一日曜日となり今年は、今月6日に行われました。神社の境内では、養母地区の4つの集落がそれぞれ青壮年を中心に小中学生も交えて棒踊りを披露しました。また、水戸黄門が養母村を訪れたという設定の「庭狂言」もありタイガーマスクや遠山の金さんなども登場して観客の笑いを誘っていました。

撮影は、日置市のMBCふるさと特派員、楠生恭二さんでした。

2012年5月 8日 (火)

種子島カップヨットレース

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

今年で6回目となる種子島カップヨットレースが開かれました。21隻のヨットが出場し、指宿市の山川港を午前6時に出ておよそ60キロ離れたゴールの西之表港をめざしました。今年はあいにく風がなかったため規定の午後3時までにゴールできたヨットはなく、レースは成立しませんでしたが、西之表港にはたくさんの市民が詰め掛けて声援を送っていました。レースのあと歓迎会も開かれ、みんなで乾杯をしてレースの開催を祝いました。また西之表港ではヨットの乗船体験もあり子どもたちがヨットの魅力を満喫していました。

撮影は種子島のMBCふるさと特派員、西金男さんでした。

2012年5月 7日 (月)

沖縄復帰40周年で

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

40周年を記念して、沖縄復帰前に本土への復帰を求めて行われていた海上集会が再現されました。与論町を出港した漁船15隻と沖縄本島最北端の国頭村を出港した漁船10隻が復帰前の国境だった北緯27度線に集合し、交流を深めたということです。また、与論町内では、国頭村の金城茂副村長らを先頭に沖縄復帰を要求する行進も再現されました。最後に、これからの一層の交流促進を願って与論町と国頭村で同時にかがり火がたかれました。

撮影は、与論町のMBCふるさと特派員、瀧澤広見さんでした。

2012年5月 2日 (水)

和気公園の藤が見ごろ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

霧島市牧園町の和気公園の藤の花が見ごろを迎え、藤まつりが開かれています。和気公園には23種類およそ100本の藤の花が植えられており、甘い香りが漂う園内には連日、たくさんの人が訪れています。和気公園では濃い紫色の花びらが幾重にも重なった「八重の藤」という珍しい花も見事に咲いています。この映像は霧島市のMBCふるさと特派員、下登虎男さんが3日前に撮影したものですが、和気公園によりますと、今が一番の見ごろであすから6日まで夜間はライトアップするということです。

2012年5月 1日 (火)

親子で茶摘み体験

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

みずみずしい緑色の葉っぱが育ちました。きょうは八十八夜。それを前におととい、鹿児島市立少年自然の家で茶摘みの体験学習があり、およそ60組の親子が参加しました。大半は、茶摘みは初めてという人たちでしたが、職員の説明を受けて楽しくお茶の葉を摘み取っていきました。そして、お茶の葉を煎る作業も体験。煎っては手もみ、煎っては手もみを4回繰り返し、新茶のさわやかな香りが会場いっぱいに広がりました。

撮影は鹿児島市のふるさと特派員、堂福勝さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31