« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

うみがめ祭り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

中種子町の熊野海岸で開かれた「うみがめ祭り」。たくさんの魚とともに地引網にかかったのは2匹の大きなアオウミガメです。アカウミガメはよくいますが、アオウミガメは大変珍しいということで子ども達が歓声を上げていました。「うみがめ祭り」ではこのほかうみがめ競走やフラダンスなどもあり、たくさんの人でにぎわいました。また子ども達が千羽鶴ならぬ「千羽亀」を折りました。メッセージを添えて福島の被災地に送るということです。
撮影は西之表市のMBCふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。

2011年10月28日 (金)

ブリのつかみ取り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

ブリのつかみ取りは南さつま市笠沙町で開かれた「マリンランド笠沙フェスタ」の目玉行事です。400人の子ども達が参加し、必死に逃げ回る300匹のブリをずぶ濡れになって追いかけていました。このほか笠沙フェスタでは海のまちらしいドラゴンボート競争も開かれ、子どもから大人まで一生懸命漕いでいました。会場では新鮮な魚や農産物が販売され、たくさんの人たちで一日中、にぎわいました。
撮影は南さつま市のMBCふるさと特派員、安田伸一郎さんでした。

2011年10月27日 (木)

妙円寺詣りで伝統の踊り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

今月22日に行われた県の三大行事の1つ・妙円寺詣り。日置市の徳重神社の境内では県や市の無形民俗文化財に指定されている伝統の踊りの共演がありました。これは徳重大バラ太鼓踊り。島津義弘が朝鮮出兵の際、高いのぼりをたてて、大きな太鼓を打ち鳴らし、敵を威嚇しながら攻め込んだことにちなんで始まったとされています。これは伊作太鼓踊り。太鼓を胸に団扇型の矢旗を背負いながら鉦のリズムに合わせて勇壮に踊ります。大切に守り継がれている伝統芸能。
撮影は日置市のMBCふるさと特派員・楠生恭二さんでした。

2011年10月26日 (水)

ほぜどん

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

「ほぜどん」は南さつま市坊津町坊で豊作、豊漁を祈願する地元、八坂神社の大祭です。笛や太鼓の音が鳴り響く中、ご神体を神社に戻す長い行列が集落をゆっくり回ります。行列の中には着物姿で頭に賽銭箱を載せた8人の女の子もいて、沿道の見物客らが次々とお賽銭を入れていました。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員・緒方義輝さんでした。

2011年10月25日 (火)

お月見コンサート

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

お月見コンサートは「吹奏楽のまちづくり」を進めるさつま町が、芸術の秋の一大イベントとして開いているもので25回目になります。今年も小・中・高校と一般の合わせて7つの団体が華麗な演奏を披露しました。そしてトリを務めたのは全国大会などで数々の受賞歴を誇る宮之城吹奏楽団です。訪れた観客はさわやかな秋空に浮かぶ月を愛でながら芸術の秋を満喫していました。
撮影はさつま町のMBCふるさと特派員・田中光行さんでした。

2011年10月21日 (金)

鉄砲伝来記念式典

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

南種子町の門倉岬公園で鉄砲伝来の記念式典が行われました。門倉岬は今から468年前の1543年、日本に初めて火縄銃を伝えた南蛮船が漂着した所といわれています。記念式典には南種子町の各界の代表や火縄銃南種子保存会の人たちが出席し、神事や火縄銃の試射をして当時をしのびました。
撮影は、種子島のMBCふるさと特派員、西金男さんでした。

2011年10月18日 (火)

薩摩国分寺秋の夕べ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市で「薩摩国分寺秋の夕べ」が開かれました。目玉は地元のコミュニティ協議会やボランティアが作ったおよそ5000個のキャンドルアート。色とりどりの紙袋が光を放ち、揺らめく灯りが幽玄の世界を演出します。舞台では薩摩川内市の無形民俗文化財に指定されている虚無僧踊りなど、地元の郷土芸能などが披露されました。フィナーレは参加者全員で「ふるさと」を合唱。
撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員、小島忠義さんでした。

2011年10月14日 (金)

種子島で秋季大祭始まる

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

種子島では今の時期、稲の収穫が終わったことを祝う秋季大祭が島内各地で開かれています。島間地区の向方神社で開かれた祭りには4つの集落が参加し、それぞれの集落に伝わる郷土芸能を奉納しました。「かじょうがね」という踊りは、かつて琉球貿易の拠点港として栄えた島間に琉球から伝えられたといわれています。太鼓とつづみの音にあわせて青い頭巾をかぶった5人の踊り手が、優雅に舞います。種子島ではこうした秋祭りが来月まで島内各地で開かれるということです。
撮影は種子島のふるさと特派員、番山喜一郎さんでした。

2011年10月 7日 (金)

最後の運動会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

薩摩川内市下甑町の子岳小学校で、このほど最後の運動会が開かれました。子岳小学校は下甑島の最南端、片野浦地区にある児童数3人の小学校です。今年で125周年を迎えましたが、来年3月で隣の手打小学校に統合され、閉校になることが決まっています。今回が最後の運動会とあって、遠くは関東や関西からも卒業生らが駆けつけ、楽しい運動会となりました。最後に、全員で校歌を歌いました。
撮影は甑島のMBCふるさと特派員、藏野量夫さんでした。

2011年10月 4日 (火)

体育祭でエイサー

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

エイサーが行われたのは鹿児島市の河頭中学校の体育祭です。エイサーは今年で10年目、3月の大震災で大きな被害を受けた東日本に元気を届けたいと生徒たちは、力いっぱい勇壮なエイサーを披露しました。踊りのあと、エイサーの引継ぎ式が行われました。
撮影は、鹿児島市のMBCふるさと特派員、小島忠徳さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31