« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

柊野ひがん花まつり

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

ひがん花の名所、さつま町の柊野地区で、このほど「ひがん花まつり」がありました。秋晴れとなったこの日、町内外から大勢の人たちが訪れ、真っ赤なひがん花が咲く田園風景と、さわやかな秋の空気を楽しみました。そして、この日活躍したのが、地元・柊野小学校の子どもたちです。あちこちで一生懸命観光ガイドを務め、大好評でした。
撮影はさつま町のMBCふるさと特派員、田中光行さんでした。

2011年9月29日 (木)

102歳も元気に…敬老会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

姶良市の特別養護老人ホーム「やすらぎの里」で開かれた敬老会。市内のボランティアとホームの職員が楽しくフラダンスを踊りました。また駆けつけた入所者の家族が沖縄の歌や三線を披露し、入所者の長寿を祝いました。敬老会には最高齢の102歳をはじめ、お年寄りが元気に参加し、長寿を祝う心づくしの料理を味わっていました。
撮影は、姶良市のMBCふるさと特派員、中馬清美さんでした。

2011年9月28日 (水)

鉄道塾開かれる

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市にあるJR九州の鹿児島車両センターで小学生を対象にした「鐡道塾」が行われました。参加したのは、福岡と熊本の小学生8人とその保護者で、2日間にわたり鉄道の仕事について学びました。子どもたちは架線作業車に乗って設備の点検を体験したり、運転士の指導を受けながら実際に列車の運転を体験したりしていました。充実した2日間を過ごした子どもたち。
撮影は、鹿児島市のMBCふるさと特派員、山下重三さんでした。

2011年9月27日 (火)

花尾神社の例大祭

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

鹿児島市の旧郡山町にある花尾神社は島津家の初代藩主、島津忠久が建立したものです。恒例の「蟻の花尾詣で」では忠久の母親の丹後局に扮した「かごしま親善大使」や武者姿の地元の人たちが花尾神社まで歩きました。また、神社の境内では太鼓踊りや大平の獅子舞などがにぎやかに奉納され、五穀豊穣や東日本大震災からの復興を祈願しました。
撮影は鹿児島市のMBCふるさと特派員、堂福勝さんでした。

2011年9月23日 (金)

親子で料理

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

この料理教室は健やかな食生活を送ってもらおうと中種子町の保健センターが開いたものです。子どもたちはお母さんたちの指導を受けながら一生懸命に包丁で野菜を切ったり、料理の盛り付けをしていました。この日作った「ひな寿司」は寿司ご飯の上に黒ごまで目を入れた卵のおひな様を飾って完成です。子どもたちは自分たちで作った料理をおいしそうに食べていました。
撮影は種子島のMBCふるさと特派員、西金男さんでした。

2011年9月22日 (木)

中間集落の十五夜綱引き

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

「やんぞれ」の歌は、お月さまにこれから綱引きを行いますと告げる歌です。屋久島町中間集落の十五夜綱引きが今月12日に行われました。綱引きは、東の山に月が出てきた時点で始まり、まず、歌に合わせて参加者が引き綱を引き上げ雰囲気を盛り上げます。このあと、東と西に分かれて3回綱引きが行われました。今年は東が勝ったので豊作になるということでした。
撮影は屋久島町のMBCふるさと特派員、福元英孝さんでした。

2011年9月21日 (水)

長島町で津波避難訓練

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

長島町の汐見小学校で今月13日、地震が発生し、津波が発生したとの想定で避難訓練が行われました。訓練には全校児童12人が参加し、実際に学校から裏山まで必死な表情で走って避難していました。汐見小学校ではこれまでも毎年、地震訓練行ってきましたが、今年は東日本大震災の発生を受けて、初めて津波を想定した訓練を行ったということです。
撮影は阿久根市のふるさと特派員・赤木仁一さんでした。

2011年9月16日 (金)

市来農芸高校のユニークな運動会

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

生徒たちが元気いっぱいに走り回った市来農芸高校の体育祭。15キロの俵を持ち上げて時間を競う「力自慢」という種目では周りが次々にギブアップする中、8分余り持ち続けた生徒が優勝し、大きな拍手が送られました。また市来農芸高校名物の動物の行列もあり、共進会で最優秀賞を受賞した牛やポニーがにぎやかに行進しました。そしてお目当ては鶏のつかみ取りです。校庭に放された40羽の鶏を我先に追いかけ、捕まえていました。
撮影はいちき串木野市のMBCふるさと特派員、小島忠義さんでした。

2011年9月15日 (木)

伊作田踊り

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

日置市の無形民俗文化財に指定されている東市来町伊作田地区の「伊作田踊り」。南北朝時代の伊作田城主・伊作田道材を慰霊し、五穀豊穣などを祈る踊りとして3年ごとに奉納されるもので、今年は中学生から大人までおよそ60人が参加しました。大勢で踊るダイナミックな踊りでありながら、戦に破れた兵士たちの無念をしのぶ所作や哀調を帯びた鉦の音色など、どこか悲しさも感じさせるこの踊り。踊り手たちは早朝から夕方まで集落内の神社や寺などを回り、暑さに負けず、踊りを奉納していました。
撮影は日置市のふるさと特派員・楠生恭二さんでした。

2011年9月 9日 (金)

宇宙留学生が屋久島へ

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

世界自然遺産の島、屋久島に、隣の種子島から宇宙留学生がやってきました。一行は、種子島宇宙センターがある南種子町の小学校に留学生として通っている児童たち、あわせて30人です。屋久杉ランドや千尋の滝などを元気よく見て回りました。夕食は、自分たちで作ったカレーライスです。翌日も、屋久島の大自然を満喫した子どもたち。
撮影は、屋久島町のMBCふるさと特派員、福元英孝さんでした。


ビデオ撮影に興味のある方
ラジオでレポートをやってみたい方
ご応募お待ちしています。


MBCニューズナウ
月~金 18:15~

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29