2008年3月 9日 (日)

クイズ!ルーツ・オブ・ミュージック

Live0803093 第14回:BAKUFU-SLUMP(爆風スランプ)

スマイリーの原点はミュージシャン!という所から始まったこのコーナーも早14回目・・・今回は、かつてスマイリーもコピーしていた「爆スラ」が登場!

バンドブームでは、個性的すぎるゆえにイロモノ・キワモノ扱いされていた部分もあったが、確かな演奏力に裏打ちされた評価の高さは皆の知るところ・・・今回の問題は?

 

Live0803094 (1)爆スラの「無理だ」という曲の中で歌われていたのは、ワニの腕立て伏せ、カメの腹筋、ゾウのハードル、そしてカニの何?   【A.げんこつ】

〔解答〕ジャンケン(ケイコ・のんたっく・よっかず)・・・グーを出したら勝てる!《正解!!》

     前進(愛ちゃん・アズマンガ大王)

(2)大ヒット曲「Runner」は、実は数ある爆スラの青春ソングとは違っていた・・・その題材となったある事件とは何? 

 【A.「Runner」の大ヒットを見届けるようにバンドを脱退していった前ベース・ほーじんのことを歌った曲だったらしい・・・青春にオーバーラップさせるサンプラザ中野は詩人!】

〔解答〕「走れメロス」に感銘を受けて(ケイコ)銀行強盗しかない!(愛ちゃん)

     マラソン中に靴が脱げた谷口浩美選手をモデルに(よっかず) 《正解ナシ!》

2008年2月17日 (日)

クイズ!ルーツ・オブ・ミュージック

Live0802173 第13回「The Street Sliders」

本来はミュージシャンであるMCスマイリーに自らの原点に立ち返るようにと設けられたこのコーナーも早13回目。今回はスマイリーもやや上の世代・・・だった「スライダーズ」が登場!

「日本のストーンズ」と言われ、一部に熱狂的なファンを持ちながら惜しくも解散したスライダーズの再結成を望む声は多い・・・

 

Live0802174 Q:とにかくステージではしゃべらなかった彼らが、めずらしくTVに出演した際、司会にほとんどしゃべらなかったため、「ではこれよりスライダーズの皆さんに○○を捧げます・・・」さて、何と言われたのでしょうか?

解答:「愛を捧げます」(中園祐生・・・ちょっとシニカルかな?)

    「売れなくなるように祈りを捧げます」(カブ・・・怒って帰るよ!)

    「おーっと!今はやっている流行語を捧げます」(地鶏愛好家・・・古舘氏と言えば!)

    「(アントニオ猪木のように)『何だこの野郎!』と言い闘魂注入のビンタを捧げます」

                                     (りゅーのすけfromR-WAC)

A:「10分間の黙祷(を捧げます)」と当時の「夜のヒットスタジオ」司会の古舘伊知郎に言わ

れた・・・でも自分らのスタイルを変えなかった彼らは今見てもカッコイイぜ!

ということで、今回は残念ながら・・・正解者ナシ!

2008年1月20日 (日)

クイズ!ルーツ・オブ・ミュージック

Live0801203 今回は80年代のバンド・ブームでは、ちょっと異質な雰囲気の「米米CLUB」が問題!

カールスモーキー石井率いる大所帯バンドは、12年のメジャー活動のあと2年前に再結成を果たしている。さて今回の問題は・・・

 

 

 

Live0801204 Q1:米米CLUBが、かつてステージで歌っていたちょっと変わったタイトルの曲名は

  「私○○」?(A1:「(私)コシヒカリ」)

解答・・・「私イケメン」(ちほ)

     「私スター」(かえ)

     「私米」(もえ)

     「私ましたよね、きのう・・・」(佐々木了)

Q2:カールスモーキー石井の実家である和菓子屋(茨城で百年続いた石井家)の名物は

  「○○まんじゅう」?(A2:「ダブルドリブル(まんじゅう)」・・・カールスモーキー石井の別キャラ)

解答・・・「石屋まんじゅう」(かえ・・・石井家を石屋と間違えた)

     「じゅうまん・まんじゅう」(えりこ・・・上から読んでも下から読んでも)

     「軽くスモーキーなまんじゅう」(のんたっく)

※2問とも近い解答はあったものの・・・全員不正解・・・残念!

2007年7月22日 (日)

クイズ!ルーツ・オブ・ミュージック

Live0707223 第10回 渡辺美里

先日MBCラジオにも3年ぶりにやって来て「城山スズメ」(ちょうど誕生日)にも出演した彼女は、スマイリーが中学時代にカセットテープ2本組(時代を感じるなぁ)で聞いていたというくらい好きなアーティストだった・・・これまでの彼女の足跡から出題した問題は・・・

 

 

 

Live0707224 Q:芸能界入りのきっかけとなったあるオーディション(映画のヒロイン募集!)で審査員から 「あなたの好きなセリフは?」と聞かれて美里は何と答えた?

 

A:「なめたらあかんぜよ!」・・・by『鬼龍院花子の生涯』で故夏目雅子の言った名セリフだけ ど高校生の美里が言ったら・・・ひくよね・・・

解答:みんな年代が若いからなのか、最近のセリフが多くて不正解・・・のはずが・・・そんな中で佃くんが答えた「あなたのことが、トゥきだからぁ!」がニアピンというスマイリーの判断・・・

2007年5月 6日 (日)

クイズ!ルーツ・オブ・ミュージック

Live0705063 第9回:子供ばんど 

時代に影響を与えたアーティストのルーツを探る「クイズ!ルーツ・オブ・ミュージック」今回は昨日がこどもの日だったということで「子供ばんど(KODOMO BAND)」!最近は役者や司会でしか顔を見なくなったリーダーのうじきつよしは、実は子供ばんどの名ギタリストであり、広告塔であったことを知らない世代も増えた・・・そしてスマイリーもこの子供ばんどのコピーをかつてしていた!というくらい最近のロックアーティストに大きな影響を与えたライブバンドであった!何せ約10年弱の活動で、2000本のライブを行ったパワフルバンドなのだから・・・またいつかは復活(再結成)して欲しいバンドのうちの一つだ

 

 Live0705064

Q1.Vo&Gtのジック(うじき)が、ライブで見せたユニークなパフォーマンスは?

(A.ヘルメットに小型アンプをのせて演奏した・・・)

Q2.デビューした翌年から活動休止となるまでの間にあった、子供ばんどの毎年の「決まり事」(毎年必ずやっていたこと)とは?

(A.5月5日のこどもの日にニューアルバムをリリース、81~88年まで通算8枚連続!)

⇒マニアックすぎたのか・・・両問とも正解者ナシ・・・

2007年4月15日 (日)

クイズ!ルーツ・オブ・ミュージック

Live0704153 第8回:尾崎豊 

尾崎豊の命日である4月25日の前に、このコーナーで彼の26年の早すぎる足跡をクイズで振り返った。解答者の年齢もバラバラだったために正解はナシ・・・でも学生時代に少なからず影響を受けたスマイリーは「十七歳の地図」「15の夜」にあわせてシャウト!でも早15年もたった彼の死を想い、ちょっぴりおセンチに・・・

 

 

 

Live0704154 Q1.彼が音楽イベントでとった奇抜な行動とは?

(A.7mのイントレの上からダイブし、足を複雑骨折するもはいつくばって歌い続けた)

Q2.「15の夜」を作るきっかけとなった出来事とは?

(A.長髪の友人が丸刈りにされたのに反抗して家出したのに付き合ったことから)

2007年3月 4日 (日)

クイズ!ルーツ・オブ・ミュージック

Live0703043 スマイリーは本職(?)はミュージシャン、原点に返るべく設けられたこのコーナーも迎えて7回目!今回は、忌野清志郎率いるRCサクセションが登場!!実は・・・スマイリーも大好きなバンドということで、出てくる出てくるトリビア情報が・・・最後に闘病中の清志郎に「頑張ってください!」と清志郎の「愛し合ってるかい?」くらいに熱いメッセージを送った

スマイリーの想いとは・・・

 

 

 

Live0703044 Q1:低迷していた「RC~」が再びブレイクしたキッカケは?

(A:たまたま化粧品会社に務めるファンから化粧品をもらい、メイクしてステージに登ったらウケてしまった・・・)

 

Q2:清志郎の決めゼリフ「愛し合ってるかぃ?!」が生まれたキッカケは?

(A:故オーティス・レディングが大好きだった清志郎が彼のヒット曲「ドック・オヴ・ベイ」の和訳で「愛し合ってるかぃ!?」のフレーズを見て・・・もらったらしい・・・)

2007年1月21日 (日)

クイズ!ルーツ・オブ・ミュージック

Live0701211

時代に影響を与えたアーティストのルーツを探り、そのアーティストに関する問題をクイズ形式で出題するこのコーナー!今回はサザンの桑田佳祐と並び、新しい日本語のロックを生み出したソロ・アーティスト「佐野元春」!!独特の感性で話す彼は、様々な名(珍?) 語録も多く、それがクイズに・・・

 

 

 

 

Live0701212Q1.佐野元春がサラリーマン生活で経験した仕事は?

(A.広告代理店勤務でラジオ番組のディレクター・・・DJのうまさはこの時の経験から?)

解答者の解答・・・営業マン・古本屋・出版関係など⇒全員不正解

Q2.佐野元春名言集・・・「○○よりも○○のロックンロール」?

(A.1000の言葉よりも3分間のロックンロール)

解答者の解答・・・アメリカよりも日本・僕よりも君・教科書よりも俺、など⇒全員不正解

2006年11月19日 (日)

クイズ!ルーツ・オブ・ミュージック

Live0611193 第5回の今回は「プリンセス・プリンセス」・・・前回のレベッカ同様、80年代の女性ロックバンドを代表する「プリプリ」は、メンバー全員が女性のまさに「ガールズバンド」実はスマイリーが大ファンだったとは知らなかった・・・

 

 

 

 

Live0611194 Q1.

「赤坂小町」という名前で、一度デビューをしているプリプリ・・・その時のキャッチフレーズは?

(A.典型的女子高生楽団)

Q2.

ヴォーカル奥居香が、ご主人の俳優岸谷五朗と出会ったきっかけとなった初めてのラジオ番組でのエピソードは?

(A.生放送の番組内で大喧嘩をした)

2006年9月10日 (日)

クイズ!ルーツ・オブ・ミュージック

Live0609101 スマイリー園田は本来の顔はミュージシャン!今、あらためて初心にかえり音楽の原点を見つめなおすためのクイズ!?

第4回の今回のピックアップ・アーティスト:レベッカ・・・80年代のバンドブームの中心だった女性ヴォーカルNOKKO(本名・山田信子!)率いるレベッカに関するディープな問題に今回もニアピンは出るも、正解はナシ⇒解答者は、のん(コー娘)・ガッツおじさん・MOMENメンバーほか・・・

 

Live0609102 Q1:レベッカを脱退した元オリジナルメンバー「シャケ」

  (のちのレッド・ウォーリアーズ)が脱退直後にライバルとなった

  レベッカにとった行動は?

 A:同じバンド名「レベッカ」を名乗った⇒2つのバンドロゴ

   は似ている・・・

 

 

Q2:ヴォーカルNOKKOがあまりにもパワフルすぎるステージングのため、よくステージで

   倒れたために付いたあまりありがたくないニックネームは?

 A:酸欠の女王⇒同じ時期には「ライブハウスの女王(山下久美子)」「学園祭の女王(白井貴

   子)」なんてのも・・・